ローカルパックとは?ランキング要因と順位チェック方法を解説

2019/09/25
  • SEO ローカルSEO

記事更新日:

Googleマイビジネスは、2021年11月に「Googleビジネスプロフィール」に名称変更されました。

実店舗を運営をしているビジネスや、地域に密着したサービスを展開している企業では、「地域名+業種名」をはじめとしたローカルキーワードからの検索流入がビジネスの成功に直結します。

ローカルキーワードをGoogleで検索すると、地図情報を元にした店舗情報の検索結果「ローカルパック」が表示され、ユーザーが検索行動を行った地点から近い店舗の情報が表示されます。

ここでは、ローカルパックの種類や表示される仕組みに加え、Gyro-nを利用してローカルパックの検索順位を正確に取得する方法について解説します。

導入企業1,000社超え!
1店舗オーナーから1000店舗を超える大企業まで利用するMEOツール「Gyro-n」

Gyro-nのMEO機能は、Googleマップの順位チェックだけでなく、Googleマイビジネスとの連携(予約投稿、編集ブロック、インサイト分析、レポート、多店舗一括管理、インスタグラム連携など)からサイテーション管理まで、MEO対策に必要なすべての機能が揃います。(無料トライアルOK)

MEO順位チェック&Googleマイビジネス一元管理ツール

※MEO機能は、Gyro-n SEOの拡張機能です。Gyro-n SEOのアカウント登録が必要です。
※アカウント登録いただくと、実務で使える資料「ローカルSEO施策ハンドブック」を進呈!

今すぐ無料ではじめる

※アカウント登録後、ローカルSEO施策資料をダウンロードいただけます。

ローカルパックとは?

ローカルパックとは、地域の影響を受けるキーワード(ローカルキーワード)や「地域名+業種」などで検索した場合に、地図情報とともに検索画面の最上部に表示される3つのビジネスリスト(3パック)の検索結果です。

このローカルパックに表示される情報は、Googleビジネスプロフィール(旧 Goolgeマイビジネス)に登録されている店舗情報(ビジネスリスティング)です。

表示される内容や項目は、PCブラウザ、スマートフォンなどのデバイスや、キーワードのカテゴリによって変化します。

ローカルパックは、ビジネス検索ランキングの上位の3店舗しか表示されませんが、「さらに表示」などのリンクからローカルファインダーと呼ばれるマップ検索での一覧リスト画面に遷移し、3位以下のビジネスリストのランキングが表示されます。

ローカルパックに表示されるということは、非常に視認性が高いため、ビジネスの認知や集客に繋がりやすくなります。

ローカルパックの検索結果画面(左:PCブラウザ、右:スマホブラウザ)
ローカルパックの検索結果画面(左:PCブラウザ、右:スマホブラウザ)

ローカルキーワードとは?

ローカルキーワードとは、地域情報に影響を受けるキーワードのことを指します。
例えば飲食店や教育施設・医療施設・士業など、地域に密着したサービスや店舗を運営している業種に関連するキーワードです。

MEO対策を行う上では、これらをターゲットキーワードとして対策を行います。

ローカルキーワードの例

  • 飲食店(居酒屋、レストラン、カフェ、ラーメン店…)
  • 教育施設(塾、カルチャーセンター、英会話、パソコンスクール…)
  • 医療施設(病院、眼科、耳鼻科、歯科、整骨院…)
  • 地域に密着する店舗・施設(美容院、スポーツジム、クリーニング…)
  • 士業(弁護士、税理士…)
  • 地域で緊急対応が必要な業態(鍵修理、水のトラブル…)

ローカルパックの種類

ローカルパックには、タイプの異なる表示の種類があります。
Googleは検索結果の利便性を高めるため機能の充実を高めており、これらの検索表示内容も常にアップデートしています。

通常のローカルパックでは、PCブラウザでは、ウェブサイトとルート検索が表示され、 スマホブラウザでは、電話番号が表示されます。

検索意図として、店舗ビジネスを行くかどうかの意思決定を行う目的とした検索結果のため、店舗の基本情報とウェブサイト(電話)、ルート検索に加え、口コミの内容や、ウェブサイトからの引用、Goolgeビジネスプロフィールの投稿内容などの情報が検索キーワードとマッチした場合に幅広く表示されます。

ローカルパックの検索結果表示画面
ローカルパックの検索結果表示画面

ローカルABCパック

ローカルABCパックは、ローカルパックの表示タイプのひとつで、多店舗展開しているブランドチェーン店や、カテゴリで検索された場合にABCとしてマーク表示されます。

検索意図として、その場所に行くことを重要な目的とした検索結果のため、店舗の基本情報とルート検索、電話(ウェブサイト)や注文ボタンなども掲載されます。

口コミ数や星評価、写真は表示されません。 検索評価としては距離ができる限り近いことが優先されている傾向があります。

ローカルABCパックの検索結果表示画面
ローカルABCパックの検索結果表示画面

このようなブランド名(例、auショップ、マクドナルド、ファミリーマート等)で検索され、ローカルABCパックで表示された場合は、Googleビジネスプロフィールのインサイトではブランド名検索としてカウントされます。

ローカルスナックパック

ローカルスナックパックも、ローカルパックの表示種類の一つで、カテゴリや業種で検索された場合に、写真とともに店舗情報が表示されます。
特に飲食カテゴリでは、このタイプが多く表示されます。

検索意図として、行きたい店舗を探すこと(意思決定すること)を重要な目的とした検索結果のため、店舗の基本情報に加え、写真や口コミ数、星評価などが表示されます。

ルート検索やウェブサイトへのリンク、電話ボタンなどは表示されません。
モバイルデバイスの表示では、写真をドラッグすると多くの複数写真やボタン項目が表示されるなど機能が充実しています。

ローカルスナックパック(モバイル)では、複数写真を確認できる
ローカルスナックパック(モバイル)では、複数写真を確認できる

検索評価としては、キーワードに対して関連度や、人気度、知名度といった総合的なビジネス評価が求められます。

ローカルファインダー

ローカルファインダーは、ローカルパックの表示の下にある「さらに表示」というリンクをクリックしたときに表示される、店舗情報の一覧リストページのことを指します。

ローカルファインダーの画面
ローカルファインダーの画面

Gyro-nを利用したローカルパックのランキング表示例

Gyro-n MEOでは、登録したキーワードで検索された結果画面にローカルパックが表示されている場合には、検索順位チェック画面にマップピンアイコンを表示します。

ローカルパックにランキングしている場合は、マップピンが緑に点灯します、 ローカルパックが表示されていない検索結果の場合は、×印を表示します。

Gyro-n MEOでのローカルパック表示例
Gyro-n MEOでのローカルパック表示例

Gyro-n SEOでは、MEOと同じようにローカルパックが表示されている場合は、マップピンが表示されます。
ローカルパックが表示されていないキーワードではマップピンは表示されません。

※ローカルパックはGoogle検索結果のみ表示され、Yahoo! JAPANの検索結果には表示されません。

Gyro-n SEOでのローカルパック表示例
Gyro-n SEOでのローカルパック表示例

ローカルパックの検索結果プレビュー表示例

マップピンアイコンをクリック、もしくは検索結果プレビュー画面を表示すると、実際に検索結果に表示されていたローカルパックを確認できます。

検索結果プレビュー画面
検索結果プレビュー画面

ローカルパックに店舗をランキング表示させるには?

ローカルパック検索結果にサイトがランクインされるには様々な要因がありますが、最も影響が大きいものはGoogleビジネスプロフィールです。

ローカルパックの検索結果に表示されるビジネスリスティングはすべてGoogleビジネスプロフィールの登録情報です。
そのため、まずは、Goolgeビジネスプロフィールに必ず店舗情報を登録しオーナー認証してください。

Googleビジネスプロフィールを正しく運用し、以下の評価ポイントをしっかり押さえた施策を行うことが重要です。

ローカルSEOの3つの評価要素

ローカルパックに掲載されるための要素は大きく3つあります。
それらが最適に組み合わされると検索結果に表示される可能性が高まります。

  • 検索キーワードとの関連性
  • 検索される場所から店舗との距離
  • 店舗や企業の知名度(視認性)

関連性は、クエリ(検索キーワード)とビジネスがどれくらい関連度が高いかを評価します。

距離は、検索している位置情報や、検索語句で指定された場所から店舗までの距離も評価要因です。

知名度(視認性)は、ビジネスが一般にどれくらい知られているかという指標です。
具体的には、オンライン上に多くのビジネス情報があるか、クチコミや評価などに言及された情報が多いかなどです。 具体的なMEO対策については以下のコラムで解説しています。

Gyro-n SEOのローカルパックランクインをチェックするしくみ

Gyro-n SEOで、ローカルパックに自店舗がランクインしているかどうかをチェックするためには、サイト管理から、ビジネスプロフィール情報を正しく設定しておく必要があります。

Gyro-n SEOが自サイトの表示を特定する条件は3通りです。
いずれかの情報が、ローカルパックの検索結果に表示され、一致している場合に計測します。

  1. ウェブサイトのドメインが一致する
  2. 登録電話番号が一致する
  3. Googleビジネスプロフィールのビジネス名が一致する

まとめ

ローカルパックは、検索ユーザーにダイレクトに店舗を認知させることができるため、表示されることで、店舗集客につながりやすくなります。

実店舗を持つビジネスを運営している事業では、ローカル検索による正しい検索順位をチェックするとともに、ローカルパックに自社の店舗(ビジネスプロフィール)が表示されるようにMEO対策を進めていくことが重要です。

ローカルSEO施策に必要な機能がすべて揃うMEOツール「Gyro-n」

ローカルSEOの施策は、順位計測から、Googleマイビジネスの管理・運用、投稿や公式ウェブサイトの管理、口コミ獲得やサイテーション管理など、幅広い管理が必要です。

Gyro-nのMEO機能では、それら全てをワンストップで運用できるMEOツールです。

店舗集客を成功に導く、Mapエンジン最適化(MEO)ツール

MEO機能は、Gyro-n SEOの拡張機能です。Gyro-n SEOのアカウント登録が必要です。
※アカウント登録後すぐにご利用いただけます。Gyro-n SEOは3ヶ月無料(スタータープランの場合/無料期間終了後月額500円)でご利用できます。
※MEO機能は、ご利用お申込みから1店舗・2週間の無料トライアルができます。

※アカウント登録後、資料ダウンロードいただけます。登録から3ヶ月無料で利用できます。

MEO機能の特長

  • 順位を計測する地点をピンポイントで指定し、距離を表示
  • 店舗の営業時間に合わせた検索時間帯の指定
  • 実際のMap検索のSERPsを記録、他店舗・競合店舗の掲載内容をチェック
  • インバウンド向け多言語での検索にも対応
  • Googleマイビジネスと連携した管理・設定
  • Googleマイビジネス「インサイト」データを分析最大18ヶ月分をレポート化・月次レポート定期配信
  • マイビジネスの口コミ数やレビューの推移もグラフ化
  • 予約投稿、投稿インサイトデータのグラフ化
次の記事
LP履歴機能-ランディングページの変化からランクインページ最適化につなげるには
前の記事
ラーメン店・平太周 味庵のデータ収集から見えてきたMEOの動向

Gyro-n MEO 2週間無料トライアル はこちら

ご利用の方に「ローカルSEO施策ハンドブック」無料進呈!

Gyro-n MEOは、Googleマップの順位チェックだけでなく、Googleビジネスプロフィールとの連携による管理・設定・分析、インスタグラム連携投稿まで、MEO施策をトータル管理。2週間無料トライアルも利用できます。

ローカルSEO施策ハンドブック

※Gyro-n MEOはGyro-n SEOの拡張機能のため、Gyro-n SEOのアカウント登録が必要です。
※アカウント登録された方には実務で使える「ローカルSEO施策ハンドブック」を進呈!

登録にはGyro-n利用規約個人情報保護方針に同意が必要です。

※ Gyro-n SEOは(1)法令に反する(2)公序良俗に反する(3)Googleガイドラインに抵触するサイト・ロケーションではご利用いただけません。
※ 3ヶ月無料特典はスタータープラン限定です(プラン・オプション変更をした時点で無料期間は終了します)。

株式会社ユニヴァ・ジャイロンでは、MEO対策代理店、販売パートナーを募集しています。

ローカルパック関連ページ

ローカル検索とは?Gyro-n SEOのローカル検索機能

地域検索に対応した機能「ローカル検索機能」のしくみと使い方を解説。

ローカル検索とは?Gyro-n SEOのローカル検索機能
ローカルSEOの対策と評価チェックポイント

必ず理解しておかなければならない、ローカルSEOのしくみと評価ポイントを解説。

ローカルSEOの対策と評価チェックポイント
店舗集客を成功に導くMEOツール「Gyro-n」

ローカルビジネス運営に欠かせないGoogleマップ検索順位チェックとGoogleマイビジネス運用プラットフォーム

店舗集客を成功に導くMEOツール「Gyro-n」