Gyro-n EFO ユーザーのフォーム入力をサポートする「入力支援機能」

『お・も・て・な・し』
Hospitality(ホスピタリティ)


リアルな店舗なら、お客様への手厚いおもてなしは当然ですよね。お客様の満足度を高めることで、継続的な収益が期待できます。そのためには、社員教育やトレーニングが重要。
では、Webサイトはどうでしょうか?

『貴社のWebサイトにコンシェルジュは必要ありませんか?』

Gyro-n EFO のフォーム入力支援機能におまかせ

入力必須項目が一目でわかるカラー設定

Gyro-n EFO 入力必須項目が一目でわかるカラー設定

フォームで入力エラーが一番多く発生するパターンは必須項目の未入力エラー。
あらかじめ、必須項目の背景にカラーを設定し、一目で必須項目であることがわかります。
カラーもウェブサイトに合わせて自由に設定が可能です。

リアルタイムエラーチェック

Gyro-n EFO リアルタイムエラーチェック

入力中のユーザーに入力必要事項を案内し、入力ミスが発生すると、即時にポップアップ型のアラートを表示。 半角、全角、英数などの文字入力規則も詳細に設定できるので、途中離脱の原因となる確認画面でのエラーから戻って入力のやりなおし、といったストレスを一切与えません。

エラーチェックの条件は考えられるすべてのシーンを網羅

全角での入力、半角での入力、ひらがな、カナタナ、数字のみ、英字のみ、英数のみ、
文字数の制限(最大・最少)、正規表現など、フォームに設定されるあらゆる条件に対応できます。

郵便番号から住所自動補完機能

Gyro-n EFO 郵便番号から住所自動補完機能

住所の入力はフォーム入力の中でも面倒なところです。 Gyro-n EFOは郵便番号を入力すると、候補となる住所の一覧を表示。候補から選択もしくは最後まで入力すると、自動的に住所欄を補完します。

フリガナ自動入力

Gyro-n EFO フリガナ自動入力

名前を入力すると自動でフリガナを入力します。 フリガナ入力の手間をなくし、ユーザーにやさしいフォームを実現します。

残数ナビゲーション

Gyro-n EFO 残数ナビゲーション

フォームに設定された必須項目の残数をカウントダウン。 項目名も表示され、ジャンプ機能も追加。未入力項目をすぐに見つけ出せます。

送信ブロック&エラー項目リンク

Gyro-n EFO 送信ブロック&エラー項目リンク

確認ボタンをクリックした際にエラーが残っている場合は一覧で表示。 送信ミスを防止し、エラー項目のリンクをクリックするとエラー箇所へジャンプできます。
エラー箇所をわざわざ探す必要はありません。

誤操作による離脱ブロック

Gyro-n EFO 誤操作による離脱ブロック

フォームページから移動、離脱しようとすると、メッセージを表示し、誤操作でフォームから離脱してしまわないようにサポートします。

文字種自動変換

Gyro-n EFO 文字種自動変換

入力欄に指定した文字種に自動変換します。
全角を自動で半角文字に変換、また、ふりがな欄をカタカナに設定している場合は、ひらがなで入力しても、自動でカナカナに変換設定できます。
入力欄の文字指定によるエラーや誤送信をなくします。

ガイドメッセージ

Gyro-n EFO ガイドメッセージ

フォームの入力項目を選択した際に、ガイドメッセージを表示させることができます。
文字種や、入力形式など注意して入力が必要な場合、入力前にアナウンスすることで入力ミスを失くします。

リマインドメッセージ

Gyro-n EFO リマインドメッセージ

フォーム項目が未完了の状態(必須項目が未入力)で設定した時間が経過した場合、メッセージを表示します。

入力中に他の作業を始めてしまった場合など、入力途中であることをリマインドし、再度、入力を促すことができます。

プレースホルダー

Gyro-n EFO プレースホルダーの表示

テキストフィールドは、HTMLの記述で入力例などを表示させるplaceholderを設定することができますが、HTML上で未設定の場合、Gyro-n EFOで同様の表示を行うことができます。
※プレースホルダーに未対応のIE9以下のブラウザの場合も同様に表示が可能です。

スマートキーボード変換(スマートフォン対応)

Gyro-n EFO スマートキーボード変換(スマートフォン対応)

スマートフォンでのフォーム入力時に、項目に合ったキーボードを表示させることができます。
例えば、英字(アルファベット)入力や数字入力、また通常の日本語入力など、それぞれ入力項目に合わせて自動的にキーボードを表示させます。
※表示されるキーボードの種類は一部OSに依存します。

確認フィールドの相違チェック

Gyro-n EFO 確認フィールドの相違チェック

フォームのメールアドレス入力や、会員登録画面でのパスワード設定などの確認フィールドも、入力した値がマッチしているかどうかGyro-n EFOでチェックが可能です。

個別条件による自由な設定

Gyro-n EFO 個別条件による自由な設定

個別条件によって必須項目が発生する場合も、自由に設定できます。
例えば、お支払方法の項目で、クレジットカードを選択した場合にのみ、カード番号欄を必須項目にできます。

入力要素のグループ設定

Gyro-n EFO 入力要素のグループ設定

電話番号の入力フィールドの場合、数字の桁数が合計10桁以外はエラーを表示するなど、入力要素がそれぞれ分かれているが一つのグループとしてエラーチェックを行いたい場合、入力要素をグループ化してエラーチェックすることができます。

Gyro-n EFO 詳しい資料をダウンロード(無料)

EFOとはフォーム入力をアシストすることにより、途中離脱を軽減させ、コンバージョンへ施策です

入力フォーム作成の問題点から、Gyro-n EFOの機能・特徴、コンバージョンアップの事例まで、詳しい資料をご覧いただけます。(全36ページ)

Gyro-n EFOの機能

スマホEFO(スマートフォン対応)

Gyro-n EFOはスマートフォンにも完全対応!スマホフォームの離脱率を改善します。

スマホEFO(スマートフォン対応)
ログ解析機能

フォームの項目ごとのエラー回数や離脱率の変化をチェック。継続的な改善を行うことができます。

ログ解析機能
EFOツールならGyro-n EFO

エントリーフォーム最適化のGyro-n EFOは、フォーム離脱を失くしコンバージョンを大幅に改善します

EFOツールならGyro-n EFO