Criteo(クリテオ)

Criteo(クリテオ)とは?

Criteoはフランス、パリに本社を置くCriteo社が運営しているリターゲティング広告サービスです。広く認知されているため、数あるリターゲティング広告の中でも特に「Criteo広告」とサービス名称で呼ばれています。

Criteo広告は、ビッグデータによる独自のアルゴリズムでユーザーの行動を解析、広告主にとって最も貢献しそうなユーザーに対し、パーソナライズされたダイナミックバナーを配信します。
この「ユーザーの行動解析」をし、「広告主へ最適なユーザーをマッチング」させるCriteoエンジンのアルゴリズムの精度の高さが特徴で、高度なパフォーマンスを実現、費用対効果の高い広告商品として人気です。
またCPC課金で実施できるため、予算管理や効果予測がしやすいのも特徴です。

Criteoダイナミックバナーの例

ダイナミックバナーの例

過去閲覧していた商品だけでなく、関連する商品やおすすめ商品など最適化されたバナーが自動生成・配信される

Criteo広告配信の仕組み

Criteo広告は一度サイトに訪れたユーザーに対して、関連するバナーを表示し再訪を促すリターゲティング広告です。

サイト訪問したユーザーの閲覧した商品情報をCriteoエンジンに送信し、アルゴリズムによる解析を行います。
ターゲットユーザーがCriteo配信ネットワーク内のサイトを閲覧している際に、閲覧履歴のある商品情報と関連した商品、レコメンド商品のバナーを自動で表示します。

広告に表示されるバナーは予め用意された商品データフィードからターゲットの行動履歴に合わせてクリック率・コンバージョン率の高いバナーを自動最適化表示していくことで高いパフォーマンスを実現しています。

Criteo広告配信の仕組み

ユーザーの閲覧情報・フィード情報を元にCriteoエンジンで解析、
配信ネットワーク内のサイトを訪問中に最適化されたバナーで訴求

Criteoの配信ネットワークは日本最大級

Yahoo! JAPANをはじめとする大手主要メディア、Googleディスプレイネットワークと提携しており、配信スケールは日本最大級です。

Criteo広告導入のポイント

Criteoの広告出稿を始めるためには以下のポイントを押さえておく必要があります。

商品データフィードを用意する

商品データフィードの作成

データフィードとは、Webサイトに掲載している商品やアイテムデータのカテゴリ、価格、画像、商品説明文などをリスト化しものです。
Criteoが指定するフォーマットに変換したものを用意する必要があります。

商品データフィードを常に最新に更新する

データフィードの更新

Criteo広告は、商品データフィードから広告配信クリエイティブが自動生成されます。
商品アイテムの在庫切れや、価格変動、商品ページのリンク先の変更などの更新情報がフィードに正しく反映されていないと、誤った情報の広告を配信することになってしまい、コストの無駄やパフォーマンスの低下につながります。
そのためデータフィードは常に最新の内容に更新しておく必要があります。

5種類のCriteoタグを自社サイトへ正しく実装する

criteoタグのカスタマイズ&実装

Criteoの特徴である高度なアルゴリズムによる解析は、5種類のCriteoタグを自社サイトに設置することにより実現されています。
これらのタグを各ウェブサイトの状況に合わせてカスタマイズすることでより広告効果が得られます。
しかし、正しく実装するにはJavascriptの専門知識が必要となります。

Criteo導入・運用を自動化するGyro-n DFM

Criteoへ広告出稿するには、これらのポイントをクリアしておく必要があります。
とはいえ、データフィードの作成や更新を手動で行うには限界があり、管理コストも無視できません。

初期の実装におけるエンジニアリソースの確保、および定期的に必要となるデータフィードのメンテナンスをクリアできる企業しか広告出稿できない、あるいはCriteo本来のパフォーマンスを享受することができないという側面がありました。

こうした導入ハードルを下げ定期的なメンテナンスの負荷を軽減し、どのような企業でも広告出稿できるよう開発したDFOツールがGyro-n DFMです。

Gyro-n DFMは、データフィードの作成から、更新、データアップロードまでを自動で行うことが出来るため、導入・運用の手間が一切かかりません。

Gyro-n DFMの特徴

Gyro-n DFMを利用した広告配信の流れ

  1. データフィードの作成はGyro-nのクロール技術によりデータベース化
  2. Criteo用フォーマットにフィードを作成
  3. フィードデータのバリデーションチェック
  4. 5種類のCriteoタグを必要な形式に自動カスタマイズ
  5. タグの設置
  6. Criteo広告配信スタート

Criteoの最大の特徴である5種類のタグも、専門知識を持たない方でも、自社サイトに合わせたタグに自動でカスタマイズができます。
より複雑なカスタマイズを行う必要がある場合などは、Gyro-nサポートチームが実装、タグの設置支援をさせていただきます。(オプション)

Criteoやデータフィードを活用した広告導入を検討している場合は、Gyro-nまでお気軽にお問合せください。

Criteo(クリテオ)導入に関連するページ

DFOツールならGyro-n DFM

データフィードの導入・運用を全て自動化するデータフィード最適(DFO)ツール

DFOツールならGyro-n DFM
CANDY(キャンディ)広告とは?

人工知能(AI)を使ったレコメンド型ネイティブ広告の「CANDY」広告について導入から運用まで詳しく説明します。

CANDY(キャンディ)広告とは?
Gyro-n DFMご利用料金

Gyro-n DFMのご利用金額とオプション費用のご案内。ツールの導入費は無料です。

Gyro-n DFMご利用料金