SPA(動的ページ遷移)フォームに、EFOを実装

JavaScriptでページ内コンテンツを動的に書き換えてページを遷移させる「SPA(Single Page Application:シングルページアプリケーション)」の活用が増えています。

SPAではページが遷移してもURLは切り替わりません。

このSPA技術を用いた問い合わせ、申込み、購入などの各種フォームも増えてきています。
Gyro-n EFOは、これらのSPAフォームにもEFOを実装することが可能です。

1.SPA(Single Page Aplication)の特長

SPAの大きな特長は、通信速度の向上です。

通常、Webサイトではユーザーの挙動(ボタンやリンククリックなど)ごとにサーバーでの処理がリクエストされ、結果がHTMLで返され、ブラウザ上に次のページが表示されます。つまり、ページ全体のHTMLを読み込み表示するだけの時間が毎回必要です。

通常のWebページ更新のイメージ
通常のWebページ更新のイメージ

SPAでは、この一連のリクエストとHTML取得をすべて排除し、必要な箇所のみをJavaScriptで処理して表示することができます。

ブラウザ側で処理が完結するためサーバーへの通信量の削減とページスピードの高速化が見込めます。

SPAの仕組みを利用したWebページ更新のイメージ
SPAの仕組みを利用したWebページ更新のイメージ

また、スマホアプリなどのネイティブアプリと同様に、ブラウザの挙動に縛られることなく複雑で自由な表現やUIの実装が可能となり、UX(ユーザー体験)の向上も見込めます。

有名なサービスでは、Googleマップ、Facebook、Slack、AbemaTVなどがSPAを利用しています。

2.コンバージョン率の向上やフォーム離脱率の改善には、EFOの活用が必須

Webサイトでの最終目標は問い合わせやダウンロード、お申込み、会員登録などのコンバージョンであり、そのためには訪問ユーザーのアクションをゴールまで正確に完了させる必要があります。

Gyro-n EFOは一般的なフォームから、MAと連動したフォーム、SPAを利用した動的フォームまで幅広いタイプのフォームに実装できます。

フォームへのEFOの実装は、専任のサポートスタッフがお手伝いいたします。
自社サイトのフォームがSPAで実装されているかどうか分からないという場合も、ぜひお気軽にお問い合わせください。

エントリーフォーム最適化「Gyro-n EFO」
エントリーフォーム最適化「Gyro-n EFO」
 

Gyro-n EFO 詳しい資料をダウンロード(無料)

EFOを導入することで、コンバージョン率を大幅に改善することが可能です。

EFOとはフォーム入力をアシストすることにより、途中離脱を軽減させ、コンバージョンへ施策です

入力フォーム作成の問題点から、Gyro-n EFOの機能・特徴、コンバージョンアップの事例まで、詳しい資料をご覧いただけます。

SPA(動的ページ遷移)フォーム関連ページ

MA連携フォームにEFOを実装

Gyro-n EFOは、Pardot、マルケト、ハブスポットのMA連携フォームにEFOを実装できます

MA連携フォームにEFOを実装
EFO他社との比較

「他社のEFOとの機能や料金等の比較をダウンロードいただけます。

EFO他社との比較
Gyro-n EFO×ST&E(スタンディ)

会社情報のフォーム入力に正規化された情報を自動入力します

Gyro-n EFO×ST&E(スタンディ)