EFOログ解析レポート

Gyro-n EFOのレポートでは、ユーザーがフォームで行う動きを把握するためのあらゆるデータを取得できます。

これらのデータから、ユーザーがフォームのどこでつまづいているか、どこにストレスを感じて離脱しているかを細かく分析してフォームの問題点を洗い出し、そこを改善していくことでよりコンバージョン率の高いフォームにしていきましょう。

1.Gyro-n EFOで計測できる項目

計測項目 内容
ユニークユーザー数(UU数) フォームを閲覧したユーザー数
コンバージョン数(CV数) CV(コンバージョン)まで至った件数
コンバージョン率(CV率) CV(コンバージョン)数 ÷ UU(ユニークユーザー)数
平均コンバージョン時間 フォームに到達してから、確認ページを経てフォームSubmitボタンをクリックするまでの時間
ページビュー数(PV数) フォームが閲覧された回数
直帰率 全体のページビューのうち何もせず離脱した離脱数の割合
途中離脱率 途中離脱数 ÷ PV(ページビュー)数
確定率 確定数 ÷ PV(ページビュー)数
平均途中離脱時間 フォーム入力から途中離脱するまでの平均滞在時間
平均確定時間 エラーがない状態でのSubmitボタンをクリックするまでの平均時間

2.Gyro-n EFO フォームサマリーレポート

サマリーレポートでは、各指標に関するデータがパネルにまとまっており、俯瞰して確認できます。

また、設定したデータ抽出期間内のユニークユーザー数の推移や、コンバージョンまでの平均滞在時間といった、日別の動きをグラフで確認することもできます。

Gyro-n EFO フォームサマリーレポート

Gyro-n EFO フォームサマリーレポート

3.日別レポート

日別レポートでは、対象期間のデータから「ユニークユーザー数」「コンバージョン平均時間」「コンバージョン率」の各データをグラフにプロットし、フォーム内でのユーザーの行動と滞在時間とを照らし合わせてフォームの問題点を探ることができます。

例えば、一定のUU数がある状況で滞在時間が長いにもかかわらず、コンバージョン率が低い場合は、ユーザーがフォーム内で動きを止めて途中離脱している可能性が考えられます。

そのような傾向が高い場合は、フォーム内の項目のどこかにユーザーを足止めさせてしまう問題が潜んでいる可能性があります。

Gyro-n EFO 日別レポート

Gyro-n EFO 日別レポート

4.項目別レポート

ユーザーがフォームに情報を入力する際の詳細な動きを計測・集計します。

フォームの離脱に繋がっている項目、エラーの多い項目ワースト5をランキング表示します。

Gyro-n EFO ログ解析レポート「離脱率TOP5」

離脱の高い項目のワーストランキング

離脱率の高い必須項目の上位5つを表示。
全体のレポートを詳しく確認する前に、問題のある項目が一目でわかります。
離脱率の高い項目から順に原因を探り、対策しましょう。

Gyro-n EFO ログ解析レポート「離脱率TOP5」

タイミング別エラー

エラーがどのようなタイミングで起きているかを計測します。
フォームの項目を入力した後,または確認ボタン(submitボタン)をクリックした後など、エラーが表示されたタイミングを把握できます。

Gyro-n EFO ログ解析レポート「離脱率TOP5」

条件別エラー

エラーがどのような条件によって発生したかを計測します。
必須項目での未入力エラーや、メールアドレスや電話番号などのデータ形式を正規表現で指定した場合に発生したエラーなど、項目に設定した条件ごとに発生したエラーを把握できます。
エラー率の高い項目はその発生原因を探り対策しましょう。

Gyro-n EFO 項目別レポート

Gyro-n EFO 項目別レポート

5.ブラウザ別レポート

ユーザーがフォームを表示したブラウザごとに様々な指標のデータをレポートします。

ユーザーのブラウザによって離脱率やCVRなど、有意な差が出ていないかをチェックします。

特定のブラウザのみ離脱が多い場合などは、そのブラウザで正常に表示や動作ができていないことが考えられます。

Gyro-n EFO ブラウザ別レポート

Gyro-n EFO ブラウザ別レポート

6.OS別レポート

ユーザーがフォームを表示したOSごとに様々な指標のデータをレポートします。

特定のOSで離脱率、CVRなどの指標に差がないかをチェックできます。

特定のOS、例えばAndroidでのみ離脱が多い場合など、特定の環境で表示や動作に問題がでている可能性があります。実機で確認するなどの対策が必要です。

Gyro-n EFO OS別レポート

Gyro-n EFO OS別レポート

7.ABテスト比較レポート

Gyro-n EFOでは、フォームABテストが実施可能です。
EFOの設定を変えて、どちらの設定のフォームがCV率が高く、離脱が少ないかを確認することができます。

例えば、「EFOあり」「EFOなし」で、EFOそのものの効果を検証するためのABテストや、必須項目の背景色や吹き出しの色、注意書きの文言などを変えてその効果を検証するテストなどが行えます。

Gyro-n EFO ABテスト比較レポート

Gyro-n EFO ABテスト比較レポート

8.期間比較レポート

任意の期間で「ユニークユーザー数」「コンバージョン平均時間」「コンバージョン率」を比較できます。

Gyro-n EFO 期間比較レポート

Gyro-n EFO 期間比較レポート

Gyro-n EFO

Gyro-n EFOはユーザーのフォーム上での動きを詳細に記録し、離脱ポイントの改善を繰り返すことで、よりコンバージョンに直結するフォームへと進化させることができます。

 

Gyro-n EFO 詳しい資料をダウンロード(無料)

EFOを導入することで、コンバージョン率を大幅に改善することが可能です。

EFOとはフォーム入力をアシストすることにより、途中離脱を軽減させ、コンバージョンへ施策です

入力フォーム作成の問題点から、Gyro-n EFOの機能・特徴、コンバージョンアップの事例まで、詳しい資料をご覧いただけます。

Gyro-n EFOの機能

手厚いフォーム入力支援機能

ユーザーのフォーム入力をサポートし入力ミスを軽減。途中離脱を防ぎ、コンバージョンを改善します。

手厚いフォーム入力支援機能
入力フォーム最適化(EFOツール)ならGyro-n EFO

入力フォームの離脱率を軽減し、コンバージョン率を改善するEFOツールです。

入力フォーム最適化(EFOツール)ならGyro-n EFO
Gyro-n EFO×ST&E(スタンディ)

ユーザーの会社情報のフォーム入力が驚くほど簡単に!正規化された情報で自動入力します。

Gyro-n EFO×ST&E(スタンディ)