コンテンツに含まれるテキストを多角的に分析

Gyro-n SEO テキスト分析画面

テキスト分析画面

SEOの指標として、キーワード数や出現率は以前に比べ、それほど重要ではなくなっています。
しかし、SEOに効いた文章を書く上で、キーワードの配置やバランスは大切です。

Gyro-n SEOのテキスト分析では、文字数やキーワード出現率(含有率)など、客観的に得られるテキストの情報に加え、見出しタグ(Hタグ)や強調タグが、正しい文書構造で記述されているかなどチェックできます。

 

テキスト分析機能でチェックできる項目

テキスト文字数 プレーンテキスト、画像ALTテキストの文字数、キーワード含有率を表示します。
キーワード数が多すぎる、少なすぎるなど極端にならないよう、バランスよく適度に含めるようにします。
単語数 総単語数と構成単語数(ユニーク単語数)を表示します。同じ単語の繰り返しが多くならないよう、関連語句を幅広く使用し、響構成単語を増やすように心がけましょう。
キーワード出現順位 ページ内に記述されてるワードのうち、出現率の高いキーワードを20位まで表示します。
キーワード出現率は検索エンジンがページをどのようなテーマで認識しているか一つの指標として捉え、バランスよく配分されているかチェックに役立てましょう。
見出しタグ・強調タグのテキスト内容と文書構造 ページに記述されている見出し(h1~ h6)タグ、強調タグ(strong、em)のテキストを一覧で表示します。
含有キーワードをハイライト表示し、ページ上部から下部へのテキストの流れ、キーワード配置バランスがどのようになっているか、Hタグの順番など不自然な文書構造になっていないかなど、チェックできます

キーワード含有率は多い方がSEO順位は上がるのか?

過去においては、キーワード数が多い方が検索上位表示への影響はありました。そのため、キーワードを隠しテキストにしたり、背景と同色の色で表示するなど、検索エンジンを騙すような手法が氾濫し、結果的にキーワードが不自然に詰め込まれているものは検索エンジンスパム扱いされるようになりました。

しかしながら、キーワードが含まれていない、非常に少ない文章では検索結果に表示するためのページとしては重要視されません。
検索エンジンがコンテンツテーマとキーワードをより理解しやすくするためには、キーワード、関連する語句、共起語などがバランスよく適度に含まれ、ページ内容を正しく認識できるようにすることが大切です。
ユーザーに対して有益なコンテンツであることと、検索エンジンがコンテンツテーマを理解しやすい文章にすることがSEO評価を上げる最大のポイントです。

Gyro-n SEO テキスト分析関連ページ

ページ分析・内部対策チェック機能

HTML記述、URL正規化処理などSEO内部対策ポイントをチェックできます。

ページ分析・内部対策チェック機能
流入パフォーマンス分析機能

「Google Analytics」と連携し、対策ワードのパフォーマンスをチェックします。

流入パフォーマンス分析機能
検索順位チェック機能

Google、Yahoo!、Googleスマートフォン検索順位を毎日自動で取得・管理します。

検索順位チェック機能