Gyro-n EFOはスマートフォン完全対応

Webサイトの流入デバイスの上位はスマートフォン

ECサイトに限らず、スマートフォンの爆発的な普及により、サイトの流入デバイスの上位はスマホ!という場合も少なくありません。しかしながら、PCサイトに比べ、スマートフォンの画面サイズは非常に小さいため、フォームのコンバージョン率を上げることが難しい状況でした。

スマホEFOならGyro-n EFO

Gyro-n EFOはPCサイトに限らず、スマートフォンデバイスでも同じようにEFOの設定が可能です。 今まで、スマートフォンのフォーム離脱率が高い、コンバージョン率がPCサイトに比べて低い!と悩んでいたなら、Gyro-n EFOで解決できます。

コンバージョン率UP
必須項目が一目でわかるカラー設定
あらかじめ、必須項目の背景にカラーを設定。
ウェブサイトに合わせても自由にカラー設定が可能です。
リアルタイムエラーチェック
入力ミスが発生すると、即時にポップアップ型のアラートを表示。「半角」「英数字」など、様々な条件でエラーチェックが可能です。
フリガナ自動入力
名前を入力すると自動でフリガナを入力します。フリガナ入力の手間をなくし、ユーザーにやさしいフォームを実現します。
郵便番号から住所自動補完
フォームに設定された必須項目の残数をカウントダウン。項目名も表示され、ジャンプ機能も追加。未入力項目をすぐに見つけ出せます。
確認フィールドのチェック
フォームのメールアドレス入力や、パスワード設定などの確認フィールドも、入力した値がマッチしているかどうかチェックできます。
送信ブロック&エラー項目リンク
確認ボタンをクリックした際にエラーが残っている場合は一覧で表示。送信ミスを防止し、クリックでエラー箇所へジャンプできます。

※スマートフォンでは、残数ナビゲーション機能のみ利用できません。
その他のPC版の機能はすべて利用が可能です。

スマートフォンで実際にご確認ください

スマートフォンにメールでサンプルフォームURL転送

Gyro-n 住所入力ナビをEFOと併用することで、スマホでの住所入力が格段に向上します。

タップでカンタン!住所入力!

スマートフォンからアクセスするユーザーにとって、住所の入力はフォームの中でもっとも面倒なところ Gyro-n住所入力ナビなら、表示される日本地図から地域・都道府県をタップで選択、さらに市区町村名、町名、丁目と、表示される候補を次々とタップしていくだけのカンタン操作で、郵便番号も含めたすべての住所をフォームに正確に自動入力させることができます。 スマホからの住所入力につきものの入力ミスや文字変換の煩わしさから解放されます。

Gyro-n 住所ナビについては詳しくはこちら

GPS位置情報で住所入力

GPS位置情報で住所入力する方法

カーナビのような操作感で住所入力

Gyro-n EFO

Gyro-n EFOはスマートフォンのフォーム最適化に完全対応。
スマートフォンに最適化した仕様だから、スマホからの離脱率を軽減し、コンバージョン率を改善します。

Gyro-n EFOのご利用に関する関連ページ

よくあるご質問

Gyro-n EFOの導入・利用・機能に関するよくある質問にお応えしています。

よくあるご質問
EFO導入から改善まで

Gyro-n EFOの導入から、エントリーフォームの最適化、コンバージョン改善までの流れです。

EFO導入から改善まで
EFO導入事例と実績

Gyro-n EFOを導入していただいた企業の実績、施策内容、コンバージョン改善をご紹介。

EFO導入事例と実績