Gyro-n × Yext対応媒体紹介

Google検索・Googleマップ・Googleマイビジネス

Google

店舗のウェブマーケティングにおいて、真っ先に管理しなければならない媒体がGoogleマイビジネスです。GoogleマイビジネスはGoogleが無料で提供している店舗情報管理プラットフォームで、店舗の担当者が直接Google検索やGoogleマップに表示される店舗情報(店名、住所、電話、メール、営業時間、写真、お店の特徴等)を管理することができます。
また、店舗情報画面に寄せられるユーザーのレビュー・クチコミへの返答機能や、店舗情報の表示回数・ユーザーが使用した検索キーワードなどのデータが調べられる「インサイト」も利用できます。
消費者にとってもGoogle検索・Googleマップはいずれも圧倒的なシェアを誇るサービスで、スマートフォン、タブレット、PC、音声検索など様々なデバイスからお店探しや店舗への道案内などに広く活用されています。
さらに、この後で紹介される様々な有力媒体に掲載される情報も、Googleでの検索時に表示される情報として利用されたり、Google検索で店舗のウェブサイトが上位表示されるための評価の要因になることもあります。

Google検索ユーザー
6,732万人
2018年スマホからの利用者数/日本
Googleマップユーザー
3,936万人
2018年スマホからの利用者数/日本
利用できる機能
店舗情報同期 ロケーションページ投稿 レビューモニタリング・返信

Facebook

Facebook

Facebook

最も広く利用されているSNSであるFacebookでは、店舗のFacebookページを作成することができます。ここで管理された店舗情報はFacebook上での位置情報付きの書き込みや、Facebookメッセンジャーでの位置情報として利用され、Facebookユーザーはこれを使って互いにオススメのお店を紹介しあったり、情報をシェアしたりすることができます。
Facebookのロケーション情報はInstagramでも利用されています。

世界の利用者数
23億7,500万人
2019年4月現在
日本国内の利用者数
2,800万人
2019年1月現在
利用できる機能
店舗情報同期 ロケーションページ投稿 レビューモニタリング・返信
Instagram

Instagram(インスタグラム)

若い世代を中心に利用されている写真・動画SNSです。お気に入りの商品・サービスを、訴求力の高い写真や動画でシェアすることができ、有力なインフルエンサーを中心に大きな拡散が見込めます。また、店舗側も「インスタ映え」を狙えるシチュエーションを提供することで紹介されるチャンスが広がります。
Instagramのロケーション情報はFacebookのものが利用されるため、Facebookの管理をしているだけでInstagramのロケーション情報も正確な状態に保たれます。
※Instagramのビジネスアカウントではロケーション情報は管理されていません。ビジネスアカウント作成時に登録したロケーション情報もFacebook側で管理されています。

日本国内の利用者数
3,300万人
2019年11月現在
驚異的な成長率
5年で8.25倍
2014年400万人→2019年3,300万人
利用できる機能
店舗情報同期

SNS

Foursquare

Foursquare(フォースクエア)

初めてロケーション情報を使って「チェックイン」することを広めたアメリカ発のSNSです。Foursquareのユーザーは、チェックインを多くすることで様々なバッヂを獲得することができるため、積極的にロケーションにチェックインし、お店のレビューをし、様々な店舗情報をユーザー同士で共有します。
位置情報の精度においてはGoogle、Facebook、Foursquareが他をリードしており、Foursquareで管理される店舗情報はAppleマップ、Twitter、WeChatなどの有力マップアプリ、SNS、メッセージアプリなどでも広く利用されています。

世界のアクティブユーザー数
5,000万人以上
2018年末/Foursquare発表
年間合計チェックイン数
120億回
2017年/人Foursquare発表
利用できる機能
店舗情報同期 ロケーションページ投稿 レビューモニタリング
Snapchat

Snapchat(スナップチャット)

アメリカではInstagramを抜いて10代に最も人気の高いSNSに選ばれるなど、若年層に浸透しはじめているSNSアプリです。写真や動画を投稿する点ではInstagramと同じですが、投稿を見ようとすると最大10秒で消えてしまうため、投稿する側は他のSNSより気軽に写真・動画をアップできるという点が特徴です。また、利用者同士のビデオチャットや、写真の加工ができるフィルターが充実している点も人気です。
投稿には位置情報を追加することもできます。

アクティブユーザー数/日
2億300万人以上
2019年7月現在/Snapchat発表
利用できる機能
店舗情報の送信

検索サービス

Amazon Alexa

Amazon Alexa(アマゾン・アレクサ)

AIは、デジタルのコミュニケーションを根本から変えつつあり、現在日常の検索で音声検索を利用するユーザーは全体の71%にも上ります。中でも有力な音声検索技術のひとつとしてAmazon Alexaは定評があります。
Amazonのクラウドベースの音声サービス、Alexaが利用可能なデバイスは、Amazonや第三者デバイスメーカーの提供するEcho Dot、Echo Show、Echo Spot、Amazon Tapを含め、数千万台に及びます。
YextからAmazon Alexaに店舗情報を提供することによりこれらのデバイスがカバーされ、Google、Apple(Foursquare経由で情報提供) と合わせて有力な音声検索デバイスのすべてに店舗情報が行き渡ります。

利用できる機能
店舗情報の送信
Bing

Bing(ビング)

マイクロソフト社が提供する検索エンジンで、日本では10%未満のシェアに止まりますが、アメリカでは20%以上のシェアがあり、現在成長を見せています。毎月1億5,000万人以上のユーザーがBingで店舗情報を検索しており、2016年初頭現在、Huffington Post、Engadget、TechCrunchなど、AOLが運営するサイトの検索結果でも使われています。

利用できる機能
店舗情報の送信
Yandex

Yandex(ヤンデックス)

Yandexはロシアの検索エンジンで、サービス内容はほぼGoogleの競合となります。ロシア国内のモバイル検索のシェアはGoogleと接戦を演じており、2019年下半期ではGoogleを抑えて最大のシェアを持っています。
ロシアから来日するユーザーが店舗情報の検索には最も活用され、また現在Yandexに掲載されている日本のロケーション情報はまだあまり多くはないので、他社に先駆けてこの有力サービスに店舗情報を登録することでインプレッションも上がり、他の検索エンジンからの評価が上がることも期待できます。

利用できる機能
店舗情報の送信

ロケーション情報ポータル

Yelp

Yelp(イェルプ)

Yelp(イェルプ)は、米サンフランシスコ発の世界最大のローカルビジネスのクチコミサイトです。飲食店情報が主流なので、日本では「食べログ」や「Retty」と似たサービスですが、Yelpは飲食店に限らず士業、小売店、クリニックなど、住所さえあればあらゆるビジネスの情報を掲載することが可能です。
日本での利用者も増えてきていますが、海外・特に英語圏においてはお店を調べるシーンで最も活用されるサービスであり、Yelpに正確な店舗情報を掲載することはインバウンド対策として非常に有効な施策です。

モバイルからの月間ユーザー数
3,800万人
2019年9月/Yelp発表
ディナー予約件数
260万件
2019年3Qの月間平均/Yelp発表
利用できる機能
店舗情報同期 レビューモニタリング 重複ロケーション抑制
Brownbook.net

Brownbook.net(ブラウンブック)

Brownbook.netは英国のビジネス情報リスティングサイトです。アメリカを中心に、世界200カ国以上で3,500万件のロケーション情報が登録されており、日本国内でも20万件近くの登録があります。
日本での普及状況を考えるとBrownbookからの直接の来店獲得はさほど望めませんが、店舗情報のデータベースとして一定の評価を受けており、ここに情報が掲載されることで、店舗のウェブサイトが検索エンジンで上位に表示されやすくなるなどの副次的な効果が期待できます。

利用できる機能
店舗情報同期 レビューモニタリング 重複ロケーション抑制
iGlobal

iGlobal(アイグローバル)

iGlobalは南アメリカを拠点としたオンラインディレクトリであり、現地の消費者は地元の店舗、企業、専門家に関する情報を見つけることができます。iGlobalはアメリカ、ヨーロッパ、アジアの60か国で展開しており、18言語で利用できます。

利用できる機能
店舗情報同期 レビューモニタリング 重複ロケーション抑制
Opendi

Opendi(オープンディ)

Opendiは多数の地元企業のリスティングおよびレビューで、ユーザーが求めている企業を見つけるための国際的な事業ディレクトリです。世界中で2,000万社以上の重要情報を提供するOpendiのリスティングは、5つの大陸にまたがる29か国のユーザーに使用されています。

利用できる機能
店舗情報同期 レビューモニタリング 重複ロケーション抑制
Hotfrog

Hotfrog(ホットフロッグ)

Hotfrogは、オーストラリア発の中小規模の店舗を展開するビジネスオーナーを中心に、店舗のロケーション情報を登録できるサービスです。現在38か国6,900万以上の企業が登録、毎月160万人以上のユーザーにリーチしています。

利用できる機能
店舗情報同期 重複ロケーション抑制
Yalwa

Yalwa(ヤルワ)

Yalwaはドイツ発のビジネス情報リスティングサイトです。飲食店・小売店をはじめ、様々な業態の店舗を登録することができます。日本を含む世界60カ国でビジネスロケーションが登録されています。

利用できる機能
店舗情報同期 重複ロケーション抑制
Factual

Factual(ファクチャル)

Factualは、個人別の状況に応じたモバイル体験を促進するオープンデータプラットフォームです。世界50か国で6,500万社以上の地元企業および主要スポットに関するデータが構築され、保守されます。Factualは、ロケーションに基づいたモバイルの個人別サービスおよび広告ターゲティングソリューションも提供しています。

利用できる機能
店舗情報の送信
pitney bowes

pitney bowes(ピツニーボウズ)

pitney bowes(ピツニーボウズ)は、郵便発送業務の効率化を進めるソリューションを提供する企業です。

利用できる機能
店舗情報の送信
Trustpilot

Trustpilot(トラストパイロット)

世界で最も訪問者数の多い上位1%に入るウェブサイトと、6,500万件を超えるレビューを擁するTrustpilotは、世界有数のオンラインレビュープラットフォームです。Yextでレビューのモニタリング連携ができます。
※Trustpilotへのアカウント登録が必要です。

利用できる機能
レビューモニタリング

地図サービス

Appleマップ

Appleマップ

iPhone、iPadのApple製デバイスにデフォルトで入っている地図アプリです。日本のスマートフォンにおけるiPhoneのシェアは半数前後で推移しており、日本においてはGoogleマップに次いで重要な地図アプリと言えます。

利用できる機能
店舗情報の送信
Where To?

Where To?(ウェアー・トゥー)

Where To?では、最寄りのステーキハウスから近所の銀行の支店まで、検索者が外出先でもすばやく簡単に情報を検索できます。Where To?は住所の情報だけでなく、写真、ビデオ、説明、特典、営業時間などのロケーションデータも提供しています。

利用できる機能
店舗情報同期 レビューモニタリング 重複ロケーション抑制
AroundMe

AroundMe(アラウンドミー)

AroundMeでは、消費者が近くのレストラン、銀行、ガソリンスタンドを検索したり、ホテルを予約したり、近所の映画館の上映スケジュールを調べたりできます。AroundMeアプリはiPhone、iPad、Android、Windows Phoneで利用でき、毎月2,500万件のローカル検索が行われています。

利用できる機能
店舗情報同期 重複ロケーション抑制
Waze

Waze(ウェイズ)

Wazeは、無料で利用できるカーナビアプリです。ユーザー同士で渋滞情報をシェアすることで、効率的に渋滞を回避することができます。Wazeの地図情報はGoogleと同期されているため、Yextを利用してGoogleマイビジネスを管理することで、Wazeユーザーにも店舗への正確な道案内を提供できます。

利用できる機能
店舗情報同期
Navmii

Navmii(ナヴミー)

Navmiiは完全無料、音声ガイド付きの詳細な道案内を提供するオフラインのナビゲーション・アプリです。85万人以上の協力者によるクラウドソースのデータを活用し、ナビゲーション情報を継続的に改善、最適化して、グローバルなコミュニティにご利用いただいています。

利用できる機能
店舗情報同期
Tomtom

Tomtom(トムトム)

TomTomはナビゲーション/地図製品のグローバル・リーダー企業です。毎日TomTomは、世界数百万人がナビゲーションに関するよりスマートな意思決定を行い、目的地に移動するのを支えています。TomTomはGPSスポーツ・ウォッチや船舶管理ソリューションなど、業界をリードする製品を開発し続けています。

利用できる機能
店舗情報の送信
mapstr

mapstr(マップスター)

mapstr(マップスター)は、お気に入りの場所・お店を登録して行き、自分だけの地図を作ることができる地図アプリです。作成した地図は友達と共有することもでき、インフルエンサーの作成した地図をフォローすることもできます。

中国インバウンド向け媒体

世界最大の人口を持ち、近年海外への旅行者の急増で注目を集める中国では、国家の政策により海外とのインターネット接続に制限がかかっており、Google、Facebookをはじめとした世界的に広く利用されているサービスが原則的に利用できません。そのため、これらに代替する国産の情報サイト、検索エンジン、地図アプリなどが広く普及しています。
日本の店舗で中国インバウンド対応をすすめるには、こうした中国の特殊な状況に合わせたマーケティング施策の実施が不可欠です。

百度地图

Baidu Maps(百度地图/バイドゥーマップ)

中国三大ネット企業の一角である百度(バイドゥ)社が運営する地図アプリです。Googleマップに相当するサービスです。百度は検索においても中国で6割以上のシェアを持ち、日々、世界中で3.5億人以上のユーザーが地図サービスを利用しています。
中国人観光客が外国を旅する際にも、国内での移動同様に使い慣れた百度マップを利用することが多く、お店の検索やルート案内、予約、レビューなど、さまざまに活用しています。
Yextを利用して百度マップと店舗情報を連携することで、日本各地を訪れる中国インバウンド観光客が確実にお店を見つけられるようになります。

月間アクティブユーザー数
3億4,100万人
2016年
モバイルの地図アプリシェア
70%
2015年/中国国内でのシェア
利用できる機能
店舗情報同期
飞猪

Fliggy(飞猪/フリギー)

こちらも中国三大ネット企業のアリババが運営する、航空券、鉄道チケット、宿泊施設、レストラン、レンタカー、パッケージツアー、地元アトラクションなど旅行に関する包括的な予約サービスを提供する、中国有数のオンライン旅行サービスプラットフォームです。
中国インバウンドの観光客は主に旅マエの手配にFliggyを活用します。Yextを利用すると、Fliggyを通して日本旅行を計画中の中国人ユーザーに直接日本のお店の情報を届けることができます。

登録ユーザー数
2億人以上
2018年
日常の利用者数
1,000万人
2016年11月/Fliggy CEO Shaohua Li氏
利用できる機能
店舗情報の送信
马蜂窝

马蜂窝(マーフェンウォー)

ユーザー同士で旅行情報をレビューしあえる中国の人気旅行サイトです。ミレニアル世代が最初に参照するサイトの定番としての地位を確立しています。アクティブユーザー数1億人以上を誇るユーザー基盤を擁するマーファンウォーに店舗情報を掲載することで、中国インバウンド観光客の旅マエ、旅ナカの情報収集時にお店が検索され、観光客の来店につなげることが期待できます。

利用できる機能
店舗情報の送信
稀客地图

CK Map(稀客地图/シーケーマップ)

CK Mapは中国人向けの海外旅行先での利用に特化した地図アプリです。利用者は中国語で各国の店舗の検索や経路案内、鉄道の乗り換え案内などを利用することができます。

利用できる機能
店舗情報同期

旅行関連ポータル

TripAdvisor

TripAdvisor(トリップアドバイザー)

TripAdvisorは世界中で広く利用されている、旅行サイトの最大手です。6億3,000万件のレビュー、750万件の宿泊先や航空会社、アクティビティ、飲食店が網羅されており、旅行手段から旅先での宿泊先、食事、観光などの情報収集から予約まで、旅行に関する様々なシーンで利用されます。現在世界49か国で利用でき、毎月平均4億5,500万人ものユーザーが旅行情報の検索・予約・レビューの共有を行なっています。
※2019年12月現在、飲食店カテゴリのみの対応です。

利用できる機能
店舗情報同期 レビューモニタリング 重複ロケーション抑制
Trip.com

Trip.com(トリップドットコム)

世界中の旅行情報が網羅された中国資本の旅行・予約サイトです。TripAdvisorは世界中で広く利用されている、旅行サイトの最大手です。19言語でサービス提供され、航空券、宿泊、現地ツアーなどの予約が可能です。
※媒体の特性上、連携できるのは旅行関連のカテゴリのみです。

利用できる機能
店舗情報同期
HolidayCheck

HolidayCheck(ホリデーチェック)

HolidayCheckは、900万件以上のホテルのレビューと1,000万点以上の休暇旅行の写真があるドイツ最大のホテル・レジャー情報ポータルです。料理、アメニティ、ロケーションや周辺情報、スポーツやエンターテイメントなど、ホテルに関連するあらゆる側面について役立つレビューが見つかります。
※媒体の特性上、連携できるのはホテル・旅館カテゴリのみです。

利用できる機能
店舗情報同期 レビューモニタリング

飲食関連

OpenTable

OpenTable(オープンテーブル)

OpenTableは、現在世界で61000店舗が加盟、約16億人のユーザーが利用しているレストラン予約サービスです。お客様情報の管理やテーブルごとの管理、キッチンとの情報共有など、店舗オペレーションを効率化する機能も搭載しています。
※媒体の特性上、連携できるのはレストランカテゴリのみで、事前にOpenTableへの登録が必要です。

HostMe

HostMe(ホストミー)

HostMeは、世界中のレストランをシームレスに検索し、予約できるアプリです。Yextを活用して公式情報を提供することで、HostMeリスティングで顧客やユーザーに対して正確かつ最新の情報のみを確実に表示できるようになります。
※媒体の特性上、連携できるのはレストランカテゴリのみです。

利用できる機能
店舗情報同期 重複ロケーション抑制

Yext(イエクスト)の関連情報

Yext(イエクスト)

Gyro-n × Yext連携サービスでは、一元管理された店舗情報をおよそ25の提携媒体に同期し、消費者にあらゆるタッチポイントで正確な情報が提供できます。

Yext(イエクスト)
ナレッジ・グラフ:店舗情報一元管理

検索・地図・SNS・クチコミなど様々なサービスで紹介される店舗情報を一括管理できるYextのデータベースです。

ナレッジ・グラフ:店舗情報一元管理
Yextサービス料金のご案内

Yextを店舗のデジタルマーケティング施策に活用するにはProプラン以上が必要です。機能を絞ったスタータープランは月額3,200円(税別)よりご利用いただけます。

Yextサービス料金のご案内