ローカル検索とは?順位決定の仕組みと検索順位の取得方法

2022/07/05
  • SEO ローカルSEO
ローカル検索とは?順位決定の仕組みと検索順位の取得方法

Google検索では、ユーザーの検索している地域によって、検索結果が異なります。
特にスマートフォンでは、ユーザーの現在地エリアの地域情報が検索結果に色濃く反映されます。

このような特定地域によって異なる検索結果を「ローカル検索」と言います。

ここでは、ローカル検索の仕組みと、ローカル検索順位の取得方法について解説します。

ローカル検索とは?

ローカル検索とは、場所に関するキーワードや、場所の影響を受けるキーワードによって検索された場合に、位置情報が考慮された最適な検索結果が表示されるしくみのことです。

例えば、同じキーワードを検索しても、東京と大阪で検索した場合それぞれ異なります。

Gyro-n SEO lab.による、キーワード(弁護士事務所)で東京と大阪を比較した検索結果
Gyro-n SEO lab.による、キーワード(弁護士事務所)で東京と大阪を比較した検索結果

上記の例では、1ページ目の検索結果は、10件中8件の検索結果が異なっています。

東京で検索した人に対して、全く異なる地域の情報を出しても必要性の少ない情報となり、検索利便性は低くなります。
そのため、Goolgeは検索者の地域を考慮した検索結果を表示させているのです。

このようなローカル検索の仕組みは、ヴェニス・アップデート、ピジョン・アップデートと呼ばれるGoogleの地域検索アルゴリズムのアップデートにより、現在の地域検索の品質が向上しました。

地域や場所の影響を受けるキーワード

すべてのキーワードが地域の影響を受けるわけではなく、地域に密着したサービスを提供しているようなキーワードは位置情報の影響を受けやすくなります。

地域情報に影響を受けるキーワードの例

  • 飲食店(居酒屋、レストラン、カフェ、ラーメン店…)
  • 教育施設(塾、カルチャーセンター、英会話、パソコンスクール…)
  • 医療施設(病院、眼科、耳鼻科、歯科、整骨院…)
  • 地域に密着する店舗・施設(美容院、スポーツジム、クリーニング…)
  • 士業(弁護士、税理士…)
  • 地域で緊急対応が必要な業態(鍵修理、水のトラブル…)
  • 地域名で検索されるポータルサイト(不動産、人材・求人ポータル…)

位置情報の影響を受けたローカル検索結果には、一般のウェブページの検索結果だけでなく、ローカルパックと呼ばれる、Goolgeビジネスプロフィールに登録されている店舗の地図検索におけるランキング結果が表示されます。

位置情報の影響を受けたローカル検索結果ページ(SERPs)の例
位置情報の影響を受けたローカル検索結果ページ(SERPs)の例

ローカルパックとは?

ローカルパックとは、地域の影響を受けるキーワードや「地域名+業種」などで検索した場合に、地図情報とともに検索画面の最上部に表示される3つのビジネスリスト(3パック)の検索結果です。

このローカルパックに表示される情報は、Googleビジネスプロフィール(旧 Goolgeマイビジネス)に登録されている店舗情報(ビジネスリスティング)です。

ローカル検索では、MEOの重要性が高まっている

店舗ビジネスを運営する業種・カテゴリでは、ローカル検索結果における地図検索での検索上位を目指し、集客につなげていくMEOの重要性が高まっています。

一般に中小ビジネスを展開している事業では、大手ポータルサイトや多店舗展開しているチェーンブランドにはSEO(オーガニック検索)での上位表示は難しい場合が多いです。

そのような状況の中でも地図検索結果に表示されるビジネスは、検索している地域の商圏エリアの店舗のみが表示されるため、競合性が低く検索表示されやすい傾向があります。

ローカル検索の順位を決定する仕組み

それでは、これらローカルパックを含めたローカル検索のランキングを決める仕組みについて説明します。

ローカル検索の3つの評価ポイント

  • 検索キーワードとの関連性
  • 検索地点からの店舗の距離
  • ビジネスの知名度(視認性の高さ)

検索キーワードとの関連性は、そのキーワードに対してどれくらい関連しているかを評価します。
直接的なキーワードだけでなくカテゴリやトピックとして関連していることが重要です。

ウェブサイトとGoolgeビジネスプロフィール共に、キーワードに関連した情報をしっかり公開しておく必要があります。

検索地点からの距離は、ユーザーの検索している地点から店舗がどれくらい近い距離にあるかを評価します。
ウェブサイト、Goolgeビジネスプロフィール共に、住所に関する情報をしっかり明記・設定しておく必要があります。

ビジネスの知名度(視認性の高さ)は、どれくらい店舗情報がウェブ上に言及されているかといった情報が評価に加味されます。
好意的な口コミを集めたり、多くの関連した情報サイトに掲載する(サイテーション)などの施策が有効とされています。

検索されるキーワードの意図・目的により、これらの3つの要素がそれぞれ作用し検索順位に大きな影響を与えます。

ローカル検索の順位チェックの重要性

店舗ビジネスを運営している場合は、ローカル検索の順位をしっかりチェックする必要があります。

なぜなら、一般的な検索順位チェックツールで取得している順位・検索結果は、地域情報に依存しない条件で検索されており、ターゲットとしている地域のユーザーが実際に見ている検索結果と必ずしも同じではないからです。

SEO管理者は、この地域情報を加味した検索結果とそうでない検索結果との違いや、地域ごとに異なる競合サイトの順位をチェックし、ローカル検索でもしっかり自サイトを上位に表示させるよう対策する必要があります。

ローカル検索結果を調べる方法

ローカル検索結果を調べるには、いくつかの方法があります。
ここではGoogleデベロッパーツールを使う方法と、Gyro-nを活用する方法を説明します。

Googleデベロッパーツールでローカル検索結果を調査する

まず検索したい、地域の緯度経度をGoogleマップから取得します。

ここでは例として大阪駅の周辺で検索することを想定します。
検索する場所の地図上のポイントにカーソルをあわせ、右クリックから、緯度経度をクリックするとクリップボードにコピーされます。

Googleマップで緯度経度を取得
Googleマップで緯度経度を取得

メモ帳にペーストしておきましょう。
※左の数値が緯度(Lantitude)、右の数値が経度(Longitude)です。

取得した緯度経度の値
取得した緯度経度の値

次にGoolgeでキーワードを検索します。
ここでは「弁護士事務所」を例にしています。

現在地の位置情報に基づいた検索結果が表示されます。

東京都港区で検索した検索結果
東京都港区で検索した検索結果

右クリックから「検証」を選択するか、F12でデベロッパーツールを起動します。

右上、三点リーダーから「その他のツール(More tools)」ー「センサー(Sensors)」を選択します。

Googleデベロッパーツール「 その他のツール(More tools)」
Googleデベロッパーツール「 その他のツール(More tools)」

センサー(Sensors)のタブが表示されるので、「場所(Location)」ー「その他(Other)」をクリックします。

Googleデベロッパーツール「 センサー(Seneors)」
Googleデベロッパーツール「 センサー(Seneors)」

緯度(Latitude)、経度(Longitude)のフィールドに、先ほどコピーした値をペーストします。

Googleデベロッパーツール「 センサー(Seneors)」
緯度(Latitude)、経度(Longitude)のフィールド

ブラウザをリロードすると、指定した位置情報に基づいた検索結果が表示されます。

大阪市北区で検索した検索結果
大阪市北区で検索した検索結果

検索結果のフッター付近に表示されている位置情報を確認すると、指定した緯度経度の地域が指定されています。

検索の位置情報の表示
検索の位置情報の表示

このように、ローカル検索結果をチェックするには、かなり複雑な操作が必要となり、多くのキーワードの検索結果をチェックしたい場合は、あまり現実的な作業ではありません。

そこでGyro-nのローカル検索機能を使うことで、簡単に地域を指定した検索結果を取得できます。

Gyro-nを利用してローカル検索結果(SEO検索順位)を取得する

高機能SEOツールのGyro-n SEOでは、検索地点を指定したローカル検索結果(SEO検索順位)を自動で毎日取得します。

ローカル検索結果(SEO検索順位)を取得する手順

  1. 検索対象のドメインでサイト登録する
  2. 検索したい地点を登録する
  3. キーワード登録時に、検索地点を指定する
  4. 毎日、指定した地点の検索結果が取得される

まず、サイトドメインを登録し、検索したい地点を登録します。
マップから検索するか場所をクリックすることで選択できます。

Gyro-nの検索地点登録画面
Gyro-nの検索地点登録画面

SEOのキーワード登録時に、登録した検索地点を指定します。

SEOキーワード登録時に、検索地点を紐付ける
SEOキーワード登録時に、検索地点を紐付ける

後は、毎日、指定した地点の検索結果が取得されます。
キーワードの後ろに、「ピンマーク+地点名」が表示されます。

位置情報に基づいたローカル検索順位(SEO検索順位)を取得
位置情報に基づいたローカル検索順位(SEO検索順位)を取得

同じウェブサイトでも、検索する地点によって、検索順位が大きく異なるため、実際のターゲットユーザーが見ている検索結果をしっかりチェックしておく必要があります。

※各地点の検索結果画面(SERPS)を検索結果プレビューから確認できます。

Gyro-nを利用してローカル検索結果(MEO検索順位)を取得する

Gyro-nのMEOツールでは、指定した検索地点のローカルパックを含む、Goolgeビジネスプロフィールの地図検索順位も自動で毎日取得します。

ローカル検索結果(MEO検索順位)を取得する手順

  1. 検索対象のGoolgeビジネスプロフィールを店舗登録する
  2. 検索したい地点を登録する
  3. キーワード登録時に、検索地点・検索時間帯を指定する
  4. 毎日、指定した地点の検索結果が取得される

登録した店舗とGoolgeビジネスプロフィールを連携します。

位置情報に基づいたローカル検索順位(SEO検索順位)を取得
店舗とGoogleビジネスプロフィールを連携する

MEOのキーワード登録時に、登録した検索地点と検索時間帯を指定します。

MEOキーワード登録時に、検索地点を紐付ける
MEOキーワード登録時に、検索地点を紐付ける

毎日、指定した地点の検索結果が取得されます。

位置情報に基づいたローカル検索順位(MEO検索順位)を取得
位置情報に基づいたローカル検索順位(MEO検索順位)を取得

まとめ

店舗集客に結びつけるためには、ウェブサイトからの集客とGoolgeビジネスプロフィールを活用したMEOによる集客が重要です。

そのためには、ローカル検索のしくみをよく理解しウェブサイトや店舗情報の検索評価を向上させ、集客につながる対策をすすめてください。

店舗集客につなげるためのMEO対策の具体的な方法については以下のコラムで詳しく解説しています。

マップ検索にランキングさせるMEO対策の具体的な方法

マップ検索にランキングさせるMEO対策の具体的な方法

地図検索結果にランキングさせる具体的なMEO対策の方法について解説しています。

前の記事
インバウンドMEOで訪日外国人を集客するポイント

Gyro-n MEO 2週間無料トライアル はこちら

ご利用の方に「ローカルSEO施策ハンドブック」無料進呈!

Gyro-n MEOは、Googleマップの順位チェックだけでなく、Googleビジネスプロフィール(旧・Googleマイビジネス)との連携による管理・設定・分析、インスタグラム連携投稿まで、MEO施策をトータル管理。2週間無料トライアルも利用できます。

ローカルSEO施策ハンドブック

※Gyro-n MEOはGyro-n SEOの拡張機能のため、Gyro-n SEOのアカウント登録が必要です。
※アカウント登録された方には実務で使える「ローカルSEO施策ハンドブック」を進呈!

登録にはGyro-n利用規約個人情報保護方針に同意が必要です。

※ Gyro-n SEOは(1)法令に反する(2)公序良俗に反する(3)Googleガイドラインに抵触するサイト・ロケーションではご利用いただけません。
※ 3ヶ月無料特典はスタータープラン限定です(プラン・オプション変更をした時点で無料期間は終了します)。

ローカル検索 関連ページ

ローカルSEOとは?MEOとの違いと対策ポイント

ローカルSEOの考え方と、SEOやMEOとどう違うのか、対策方法について解説します。

ローカルSEOとは?MEOとの違いと対策ポイント
ローカルパックとは?ランキング要因と順位チェック方法を解説

ローカルパックの種類や表示される仕組みとローカルパックの順位取得方法について解説します。

ローカルパックとは?ランキング要因と順位チェック方法を解説
Goolgeビジネスプロフィールとは?

Goolgeビジネスプロフィールの使い方から人気の理由、優位性まで詳しく解説します。

Goolgeビジネスプロフィールとは?