SEO内部対策に必須のページ分析ツール

Gyro-n SEO ページ分析画面

ページ分析画面

SEO対策を行う上で、ページコンテンツの質を上げ、ユーザーにとって価値のあるサイトにしていくことが上位表示への必須条件ですが、ページに対する検索エンジンからの評価をさらに上げていくためのポイントは他にも多くあります。

Gyro-n SEOのページ分析機能は、SEO内部対策で押さえておくべきポイントをくまなくチェックでき、細やかなSEOチューニングに役立てることができます。

また、あらゆるサイトのウェブページの分析を行うことが出来るため、競合サイトだけでなく、上位サイトのページ内容を分析・確認しながら自社サイトの内部施策に活かすことができます。

ページ分析機能でチェックできる項目

ページタイトル HTMLのTitleタグに記述されているタイトル文字と、実際に検索結果に表示されているタイトルを比較表示します。

SEO対策の最重要項目!ページタイトル最適化5つのチェックポイント
URL 検索結果ページのURLとcanonical属性・alternate属性の記述内容を表示します。
URLの正規化処理や、モバイルページを別URLで設計している場合のアノテーション処理がきちんとできているか確認できます。
メタ情報 Meta Description、Meta Keywords、Meta robotsの記述内容を表示します。
Meta Descriptionについては、HTMLの記述内容と、PC、モバイルでの実際の検索結果の内容と比較表示します。
応答 ページのファイルサイズを表示します。
ランクインキーワード Gyro-n SEOで登録しているキーワードのうち、どのキーワードで検索結果にランクインしているか表示します。
検索順位、検索結果タイトルも合わせて表示します。
※ランクインキーワードは、Gyro-n SEOで登録しているサイト、および競合サイトのみ表示します。

SEO内部対策とは

SEO内部対策とは、検索順位を上位表示させるために行う、ページ内部(HTML内部構造)の最適化を行うテクニック・手法です。 SEO順位を上げるためには、第一にコンテンツの充実度が絶対条件ですが、ユーザー目線だけでなく、検索エンジン目線でページ内容が正確にインデックスされ、正しく認識・評価されるように工夫する必要があります。

具体的にはHTML文書構造やMETA記述内容、内部リンク構造、テキスト文字構成とキーワードバランス、アンカーテキストになど多岐にわたるポイントを細やかにチューニングすることで、検索エンジンロボットにやさしいページにします。

 

無料SEOツール「Gyro-n SEO」をご利用いただくと無料進呈!

SEO対策ポイントと施策ハンドブック

実務で使えるSEO施策ポイントがわかる資料 「インハウスSEO担当者が押さえておくべき施策ハンドブック」(全30頁)
※アカウント登録後、資料ダウンロードURLが送付されます。

登録にはGyro-n利用規約個人情報保護方針個人情報の取扱いについてに同意が必要です。

※ Gyro-n SEOは(1)法令に反する(2)公序良俗に反する(3)成人向けの内容を含むサイト・キーワードではご利用いただけません。

Gyro-n SEO ページ分析関連ページ

テキスト・キーワード比率チェック

キーワードの配置バランスや正しい文書構造などコンテンツテキストをチェックします。

テキスト・キーワード比率チェック
検索結果(SERPs)プレビュー表示

実際の検索結果画面に表示されている内容を自社、競合含め全て確認できます。

検索結果(SERPs)プレビュー表示
SEO検索順位チェックツール

Google、Yahoo!、Googleスマートフォン検索順位を毎日自動で取得・管理します。

SEO検索順位チェックツール