送信ブロック機能とは、入力必須項目の記入漏れや、指定形式以外での入力によるエラーがある場合などに、確認ボタン(submitボタン)を押下できないようにする機能です。

入力フォームで離脱が発生する一番多いパターンは、確認画面に移動してからエラーが表示され、またフォームに戻って再入力をするといった動作を繰り返し、ストレスを受けるという状況です。

送信ブロック機能により、確認ボタンを押す時点ではすべての入力エラーが無い状態となっており、確認画面でユーザーが行うのは事実確認のみで、エラーが表示されることはなくなります。
何度も行き来することなくフォーム送信の手順を取ってもらうことで、コンバージョン率は驚くほど向上します。

またsubmitボタンを押した時点でエラーが検出されると、修正すべき項目がどれかを即座に案内し、さらにリンクによるジャンプ機能で、該当のエラー箇所をわざわざ探す手間やストレスを与えることなく修正処理をしてもらうことが可能です。

必須項目の記入漏れや、指定形式以外の入力によるエラーなど、確認画面へ遷移する前にお知らせします。

送信ブロック&エラー項目リンク機能