フォームの入力中に、「誤操作によりブラウザの閉じるボタンを押してしまい、途中まで入力していたフォームを閉じてしまった」というユーザーは非常に多いです。

また、フォームページ上に設定しているテキストリンクや画像リンクをクリックし、他ページ移動してしまい入力途中のフォームへ戻って来ず途中離脱、というパターンも多くあります。

離脱ブロック機能は、フォームページから他ページへ移動、または離脱しようとすると、確認メッセージを表示し、誤操作でフォーム離脱してしまわないようにユーザーをサポートします。

操作ミスによりページを閉じてしまったり、他ページへの移動をブロックします。

離脱ブロック機能

途中離脱を減らすフォーム作成のポイント

フォームページは、離脱の原因となる他ページへのリンクをできるだけ排除して作成する必要があります。

特にテンプレートによるヘッダーやフッターなども、フォームページでは省き、submitボタン以外のページ移動ができないように作成することも途中離脱を発生させないようにするポイントです。