フォームで入力エラーが一番発生するパターンは、必須項目の未入力によるエラーです。

Gyro-n EFOでは、予め必須項目となっているフィールドには、必須項目であることがわかるよう、背景にカラーを設定します。

必須項目と任意項目の違いを見た目から明確に変化をつけることで、驚くほど未入力エラーを防ぐことができます。

背景カラ―もウェブサイトに合わせて自由に設定が可能です。

必須項目には、予め背景色を設定し、必須であることを明確にする

必須項目・エラー時背景設定機能

必須項目のエラーを減らすためのフォーム作成ポイント

フォームを作成する際に、入力必須の項目と任意の項目は、あまりバラバラに配置しないようまとめて作成しておくことで、ユーザーにとって分かりやすい入力フォームとなります。

基本的には、先頭から必須項目をまとめ、後半の項目を任意項目にまとめておくことで、ユーザーの未入力エラーを減少させることができます。

また必須項目には、「必須」とわかるよう、アイコンやテキストの表示を入れておきましょう。

フォーム作成の良い例と悪い例

フォーム作成の良い例と悪い例