フォームに入力された文字の形式や文字数をリアルタイムにチェックし、指定形式外の入力ミスを検知すると、その場でポップアップ型のアラートを表示します。

文字の入力形式は「全角での入力」「半角での入力」「ひらがな」「カタカナ」「数字のみ」「英字のみ」「英数のみ」に加え、「メールアドレス」「電話番号(ハイフンあり、なし)」「文字数制限(最大・最少)」「URL」など、幅広い文字種・条件に対応しています。
また、カスタマイズ機能として、正規表現による入力形式の設定も可能となり、フォームに設定されるあらゆる入力条件に対応が可能です。

リアルタイムエラーチェック機能により、入力ミスが発生すると即座にユーザーにお知らせできるため、フォーム送信後の確認画面でエラーが表示され、フォームに戻って入力し直すといった、途中離脱の原因となるような入力ストレスを一切与えません。

入力ミスをリアルタイムでお知らせすることで、入力エラーを未然に防ぎます。

リアルタイムエラーチェック機能

Gyro-n EFOの入力支援機能一覧

Gyro-n EFO 詳しい資料をダウンロード(無料)

EFOとはフォーム入力をアシストすることにより、途中離脱を軽減させ、コンバージョンへ施策です

入力フォーム作成の問題点から、Gyro-n EFOの機能・特徴、コンバージョンアップの事例まで、詳しい資料をご覧いただけます。(全36ページ)