住所の入力はフォーム入力の中でも最も面倒なところです。
特にスマートフォンなどでは入力手間が多く、できる限り入力アシストが必要です。

Gyro-n EFOの住所自動入力・補完機能は、郵便番号を入力すると、候補となる住所の一覧を表示し、候補から選択もしくは郵便番号を最後まで入力すると、自動的に住所欄を正式な住所として入力補完します。

郵便番号のフィールド形式は、3桁+4桁、7桁のどちらの形式にも設定が可能です。
また、郵便番号を入力した候補の出力先フィールドも、都道府県、市区、町村、大字、番地以降など、細かく出力を設定でき、どのようなフォームの形式でも対応が可能です。

スマートフォンデバイスの普及により、フォーム入力もスマホで行うことが増えており、特に入力や変換が煩雑な住所入力においては、住所自動入力機能は、ユーザーの入力ストレスを大幅に減少させ、ユーザービリティの高いフォームとして機能します。

郵便番号を入力すると、候補となる住所の一覧を表示、各フィールドに自動補完します。

郵便番号から住所自動入力・補完機能