入力フォームではお名前に続き、多くの場合フリガナの入力も求めます。
しかし、ユーザーにとっては入力項目が増えることになり、また「ひらがな」や、「カタカナ」など文字種を制限することで、エラーの発生確率も高くなります。

Gyro-n EFOのフリガナ自動入力機能は、お名前を入力すると、自動的にフリガナ欄に、文字種を指定したフリガナが入力されるため、フリガナ入力の手間を掛けない、ユーザーにやさしいフォームを実現します。

 

お名前を入力すると、自動的に文字種に対応したフリガナを自動補完します。

フリガナ自動入力機能

途中離脱を減らすフォーム作成のポイント

過去にフリガナ入力欄を必須の場合と、任意の場合でABテストした場合、明らかにフリガナを任意した方がCV率が高くなりました。
つまり、必須を求めなければ、フリガナの入力も面倒というユーザーも多いということです。

途中離脱を減らし、コンバージョン率の高いフォームにするためには、出来るだけユーザーに入力手間を掛けさせないフォームを実現することが大切です。