競合サイトのインデックス数の増減をチェック! 「インデックスモニタリング機能」

2016/03/14
  • SEO

競合サイトをしっかりベンチマークし、チェックされているでしょうか?

SEO対策を行う中で見落としがちなのが、競合サイトがどのような状況かを把握すること
自社サイトの順位変動ばかりに気を取られている間に競合サイトが上位に、ということはよくあります。
気づくのが遅ければ遅いほど、流入パフォーマンスが下がってしまうという残念な事態になってしまうことも。

インハウス向けSEOツールのGyro-n SEOでは、競合サイトとの順位比較をしっかりチェックできる機能を提供していましたが、今回さらに、競合サイトのインデックス数をモニタリングする機能も追加しました。

1.インデックス数とは

インデックス数とは、検索エンジンがWebサイトをクロールし、検索エンジンデータベースに内容を登録(インデックス)したページの総数のことです。

Googleの場合、Googlebotと呼ばれるクローラーがウェブサイトをクロールし、ページをデータベースにインデックスします。
検索結果に表示されるためには、必ずクローラーによるインデックス処理が必要です。

検索エンジンの動き(クロール、インデックス、検索マッチ)

2.インデックス数とSEOの関係

以前は、インデックス数が多いサイトほどSEOに強い、または有利とされていましたが今では単純にページがいくら多くてもSEOには影響はありません。
内容の薄いページばかりだと、逆に悪影響さえあります。

現在のSEOは、トピックスがしっかり定められた専門性の高いコンテンツ、ユーザーにとって利便性のあるコンテンツが高く評価されています。

このような、品質の高いページが多くインデックスされることでサイト全体の評価は高まり、結果としてSEO順位アップが期待できるようになります。

3.なぜ競合サイトのインデックス数をモニタリングする必要があるのか?

自社サイトのインデックス数は、Google Search Consoleの「インデックスステータス」に表示されているので、サイト管理者であれば容易に把握できます。

Google Search Consoleのインデックスステータスから、サイトのインデックス推移を確認できます。

Google Search Console インデックスステータス画面

競合サイトのインデックス数は「site:検索」で確認することが可能ですが、インデックス数の推移を調べることはできません。

「site:検索」コマンドでのインデックス数の確認方法

「site:検索」コマンドでのインデックス数の確認方法

この、競合サイトのインデックス数の推移を確認できるように、Gyro-n SEOは毎日各競合サイトのインデックス数を取得し、保存しています。

現在のSEO対策は、質の高いコンテンツをしっかり作成することでWebサイト全体の評価を高めて、順位アップの底上げをしていかなければなりません。
インデックス数が順調に増えている競合サイトは、そのような施策をしっかり行っていると考えられます。

競合をベンチマークする上で、インデックス数の推移とその順位変動を合わせてモニタリングすることは、どのようなペースでコンテンツを作成・追加していくことが効果的であるかを知る手がかりとなります。

4.競合サイトのインデックス数の確認方法

競合サイトのインデックス数は、左メニュー「競合サイト管理」から確認できます。

Gyro-n SEO 競合サイト管理画面

各競合サイトに、インデックス数と直近1週間の変動ミニグラフが表示されています。

競合サイト名をクリックすると、自社サイトと競合サイトとのインデックス数比較グラフが表示されます。

自社サイトと競合サイトのインデックス数の比較グラフ

この例では、競合サイトがインデックス数を急激に増やしてきていることが読み取れます。

5.インデックス数の推移から読み取れる内容

自社サイトも含め、インデックス数の増減・変動がある場合は原因を確認するようにしましょう。

5-1.インデックス数が順調に増えている場合

こちらは先ほど述べたとおり、着実にコンテンツを増やすことでSEO評価を上げていると考えられます。

5-2.インデックス数が減っている場合

この場合は、様々な要因が考えられます。競合サイト側の意図的なものである場合も、マイナス原因である場合もあります。

  • 過去のページや不必要なコンテンツを自ら削除した結果、インデックスからも削除されている。
  • 低品質ページをnoindexやrobot.txtなどで処理し、意図的にインデックスから削除している。
  • Googleから何らかのペナルティを受けており、ページがインデックスから削除されている。

このように、インデックス数をモニタリングすることで、競合サイトのSEO対策状況を読み取ることができます。
ぜひ、競合対策に役立てていただければと思います。

新規コンテンツを増やしているのにインデックス数が増えない

こちらは競合ではなく自社サイトで起こるインデックスの問題ですが、新規ページがうまくインデックスされていない可能性があります。

  • canonical属性の記述が間違っており、新規ページがインデックスされず他のページの評価として集中してしまっている。
  • robot.txtでクロールを制限してしまっている。
  • noindexが入ってしまっている。

などの原因がないか確認してください。

 

次の記事
URLの正規化・canonical属性とは? <link rel=”canonical”>タグの仕組みと使い方
前の記事
SEO施策と効果を一目で検証!「SEOメモ機能」

インデックス数の関連ページ

競合サイトとの順位比較・分析ならGyro-n SEO

競合の順位チェック、インデックスモニタリングで競合サイトをしっかりベンチマーク

競合サイトとの順位比較・分析ならGyro-n SEO
検索順位チェッカーならGyor-n SEO

日々の検索順位を自動で取得。検索順位チェック機能がのSEOツール

検索順位チェッカーならGyor-n SEO
検索順位チェックから競合比較まで充実のSEOツール

SEOツールならGyro-n SEO。検索順位チェックから競合分析機能まで。

検索順位チェックから競合比較まで充実のSEOツール