評価分散シグナルの使い方とポイント

2016/01/12
  • SEO
Gyro-n SEOの評価分散シグナル

検索順位をチェックしていて、なかなか順位が安定しない?
順位変動はしているが、上がったり下がったりを繰り返し一向に順位アップしない!
と思うことがよくあります。

検索順位が上昇しない要因はさまざまで、SEOに明確な答えはありませんが、 ランキングが伸びない状況やパターンはいくつか考えられます。
今回はその一つ「評価分散シグナル」について説明します。

評価分散シグナルとは?

評価分散シグナルとは、Gyro-n SEOで表現している言葉であり、一般に使われている定義された言葉、SEO用語でもありませんのでご注意ください。

キーワードに対する検索結果は、一般的に一つのドメインから1ページの検索結果を表示する傾向にあります。
この検索結果ページ数を「ランクインページ数」と呼んでいます。

特にGoogleでは、検索結果において多くのウェブサイト(ドメイン)を表示し、検索結果が一つのウェブサイトで占有されてしまう、偏ってしまうことで、ユーザーの検索体験を損ねないようにされています

検索結果内容が一つのウェブサイトに偏ることはユーザーの検索体験を損ねることになる

しかし、キーワードによっては、ランキングページが複数(2~3ページ程度)検索結果に表示される場合があります。

ランクインページが複数表示されるということは、検索エンジンがそのキーワードに対してユーザーに提供する価値のある情報と判断した結果、複数表示となっている場合が多いのですが、 中には、検索エンジンがそのドメイン内のページのどちらを検索結果としてユーザーに提供すべきか、評価が定まっていない可能性もあります。

複数ページが表示されていても、上位にランキング(1ページ目)されている場合にはそれほど問題がありませんが、検索結果の2ページ目や3ページ目(10~30位程度)あたりで複数ページランキングしている場合は、少し注意が必要です。

2つのコンテンツの内容が似ていると認識されている可能性

この場合、どちらのページもキーワードに対するコンテンツ内容が似ており、重複コンテンツと認識されてしまっている可能性があります。

この場合の特徴として、検索結果ページが、交互に入れ替わる場合があります。

検索クエリのタイプ(Doクエリ、Knowクエリ、Goクエリ)の違い

この、検索結果ページの順位が入れ替わる状況を、「評価分散シグナル」として、Gyro-n SEOではチェックできる仕組みになっています。

評価分散シグナルが発生すると?

検索順位の入れ替わりが発生すると、以下のようにキーワード詳細エリア内のグラフに 縦の点線が表示され、マウスオーバーすると、どのページが入れ替わったのかページタイトルを確認することができます。
※このシグナルが発生すると、Gyro-n SEOのアラート通知メールで送信されます。

Gyro-n SEOの順位チェック機能における評価分散シグナルの表示例

上記の図では12/13にランキングの入れ替わりが発生し、その前後にも入れ替わりが発生しております。
検索順位は安定せず伸びておりません。

12/13の検索結果(SERPs)プレビューを同時にチェックすると、

検索結果プレビュー表示例

図のように、ランクインページが2ページあります。
(右側にランキングしているウェブサイトの順位が表示されており、12位と13位にGyro-nサイトが2ページあります。)

さらに前日の12/12の検索結果プレビューも確認すると 、

検索結果プレビュー表示例(ランキング順位の入れ替わり)

このように、2つのページの検索順位が交互に入れ替わっていることが確認できます。
(前日と順位が逆になっています)

この場合の考えられるポイントとしては、このキーワードに対して、どちらのページをユーザーに提供するべきか検索エンジンの評価が定まっていない。

または、どちらのページも評価が同じくらい(均等)と考えられ、重複ページとは言わないまでも、キーワードテーマやコンテンツ内容が似ていると判断されている。
つまり、評価が分散している可能性があります。

キーワードテーマが似ていると判断され、評価が均等になっている可能性

この場合の対処としては、 キーワードに対するテーマ・コンテンツが似ていると考えられるので、このキーワードに対して、

検索結果に表示したいページのキーワードに対するテーマ性を強め、表示したくないページのキーワードテーマを弱める

というように、テーマバランス(キーワードの配置バランスや内部リンクなど)を調整し、検索エンジンがテーマを区別しやすいようにチューニングする必要があります。

※キーワードの配置バランス(出現率)など、Gyro-n SEOのテキスト分析機能でチェックすることが可能です。

テーマバランスを調整し、評価を一方に寄せるようにSEOチューニングする

コンテンツマーケティングやインバウンドマーケティングにおいて、コンテンツを追加、拡大していく仮定で、似通ったウェブページが出来てしまうことは避けられません。

このように、Gyro-n SEOの検索順位チェック機能を利用することで、検索エンジンの評価シグナルをチェックしながら、コンテンツのチューニングを繰り返し、ユーザーに対しても、検索エンジンに対しても認識・区別しやすいコンテンツにしていくことが、検索順位アップの施策に欠かせません。

次の記事
競合比較機能の使い方
前の記事
検索結果(SERPs)プレビューの使い方

無料SEOツール「Gyro-n SEO」をご利用いただくと無料進呈!

SEO対策ポイントと施策ハンドブック

実務で使えるSEO施策ポイントがわかる資料 「インハウスSEO担当者が押さえておくべき施策ハンドブック」(全30頁)
※アカウント登録後、資料ダウンロードURLが送付されます。

登録にはGyro-n利用規約個人情報保護方針個人情報の取扱いについてに同意が必要です。

※ Gyro-n SEOは(1)法令に反する(2)公序良俗に反する(3)成人向けの内容を含むサイト・キーワードではご利用いただけません。

評価分散シグナルの関連ページ

Gyro-n SEO 検索順位チェック機能

Google、Yahoo!、スマホ検索まで、検索順位を自動で計測し、変化をお知らせします。

Gyro-n SEO 検索順位チェック機能
Gyro-n SEOのアラート通知機能

検索順位のチェック内容から、SEO対策として抑えておくべき項目をメールでお知らせします。

Gyro-n SEOのアラート通知機能
キーワードバランス(出現率)のチェックなら

コンテンツのキーワード配置バランスや出現率など詳しく分析が可能です。

キーワードバランス(出現率)のチェックなら