URL正規化・canonical属性とは? <link rel=”canonical”>タグのしくみと使い方

2019/12/09
  • SEO

SEO内部対策のひとつ「インデックス最適化」の基本となるcanonical属性タグを利用した「URL正規化」をする必要があります。

このURLの正規化処理をしていない場合、せっかく良いコンテンツを作成しても複数の異なるURLで同一のページを閲覧できる状態となってしまうことがあり、場合によっては重複コンテンツとみなされてマイナスの評価を受ける可能性があります。

検索エンジンにウェブページを正しくインデックスさせなければ、せっかく時間をかけて作り上げたコンテンツもSEO評価が受けられず、検索順位が上がらないといった残念な結果となってしまいます。

高機能SEOツール「Gyro-n SEO」を提供しているGyro-n(ジャイロン)サイトでも、SEO内部対策の一つとして「URL正規化」施策を確実に行っています。

ここでは、URL正規化のしくみと、canonical属性タグ、正規化処理のための301リダイレクトの使い方と注意点を解説します。

SEOのノウハウを詰め込んだ、高機能SEOツール「Gyro-n SEO」

SEO順位チェックから競合サイト順位比較、ページ分析、キーワードサジェストまで、SEOマネジメント機能を網羅したSEOツール

SEOのノウハウを詰め込んだ、高機能SEOツール「Gyro-n SEO」

アカウント登録いただくと、実務で使えるSEO施策ポイントがわかる資料「インハウスSEO担当者が押さえておくべき施策ハンドブック」を進呈!

※アカウント登録後、資料ダウンロードいただけます。登録から3ヶ月無料で利用できます。

1.URL(ドメイン)の正規化とは?

検索エンジンはURL単位でページを認識しています。
そのため、全く同じコンテンツであっても、URLが少しでも異なれば別ページとして扱われます。

例えば、Gyro-n SEOページのURLはこちらですが、

https://www.gyro-n.com/seo/

下記のような異なるURLでも同じページを表示できるようになっています。

http://www.gyro-n.com/seo/
https://gyro-n.com/seo/
https://www.gyro-n.com/seo/index.html
https://www.gyro-n.com/seo/?ref=ad

異なるURLでも同じページを表示

URLの表記違いでも表示されるページは同じ

サイト運営者からすれば、httpsかhttpか、wwwのあり、なしや、index.htmlを省略するかしないか、などは単なる記述の違いであって一つのウェブページを指すものですし、コンテンツに影響のないクエリなども特に意識するものではありません。

ですが、検索エンジンは全てのパターンのURLを別のページとして認識し、インデックスするため、SEO評価を統一することができません。

検索エンジンに別ページとみなされるURLの例

検索エンジンに別ページとみなされるURLの例

検索エンジンは、それぞれ異なるURL(=別ページ)なのに内容が同じ場合は、重複コンテンツやミラーコンテンツであると判断し、このページに大きなマイナス評価を与えます。

また、それぞれ異なったURLに被リンク(外部リンク)が貼られた場合も、リンク評価がそれぞれに分散してしまい、せっかく被リンクを獲得したコンテンツの評価が統一されないため、SEO評価に大きな影響がでます。

合計3つの被リンクを受けても、各ページ1つの被リンクとして個別に評価されるイメージ図

異なる表記のURLにそれぞれ被リンクを受けても、個別に評価されるため評価が分散してしまう

このため、同一のコンテンツが複数のURLで閲覧できる状態になっている場合、検索エンジンがインデックスするべきURLを統一させておく必要があります。
この施策を「URLの正規化」と呼び、SEO対策において必須の内部対策です。

オリジナルページに3つの被リンクが集約され評価されるイメージ図

URLの正規化をしておくと、個別に異なるURLの被リンクも統一したURLに集約され評価される

2.canonical属性タグを使った正規化の方法

canonical(カノニカル)属性とは、Google、Yahoo!、MSNなどの大手検索エンジンがサポートするURLを正規化するためのタグです。
linkタグのcanonical属性<link rel=”canonical”>を、ウェブページのheadタグ内に記述します。

記述例
<link rel="canonical" href="正規ページURL">

この記述により、canonical指定をしたURLを正規ページとしてインデックスするように検索エンジンに伝えることができます。
URLの表記違いが発生しても、インデックスへの悪影響、SEO評価の分散は回避できます。

3.canonical属性タグを記述する場合の注意点

<link rel=”canonical>タグは間違った利用をすると検索順位に多大が影響がでます。よく理解して記述してください。

3-1.URLの記述を間違えない。人為的ミスをなくす

誤ったURLをcanonicalに記述してしまうと、その誤ったURLが正規ページとしてインデックスされ、検索結果に重大な影響がでてしまいます。

特にそのURLがエラーページや404、ソフト404ページであると一切のコンテンツがインデックスされなくなってしまうばかりか、サイト全体の評価にも悪影響が出ることもあり得ます。
記述を間違えていないか入念に確認しましょう。

特にページ数が膨大なウェブサイトの場合は、手動での記述は避け、できるだけCMSなどの管理ツールで自動的に記述させることが望ましいです。

3-2.URLの記述は絶対パスを利用する

URLの記述は必ず、絶対パス(フルパス)を使用しましょう。

相対パスの記述もcanonicalのレギュレーション上は可能ですが、httpとhttpsとの区別ができないなどの問題もあり、正確な正規化には問題もあるので絶対パスを使用するようにしましょう。

3-3.body要素に記述しない

<link rel=”canonical">はhead要素内に記述します。
body要素内に記述しても検索エンジンに処理されませんので注意してください。

4.301リダイレクトを利用したURL正規化

<link rel=”canonical">で、検索エンジンに対してインデックスされるURLは統一されますが、

  • index.htmlのあり・なし
  • wwwのあり・なし
  • URL末尾のスラッシュのあり・なし

などの、同一ページのURLのバリエーションは、
できれば「301リダイレクト」を利用して正規化しておくことを推奨します。

Gyro-nサイトの以下のURLをクリックしてお試しください。

それぞれの表記が異なるURLでページを表示しても、ブラウザのURL欄には正規URLが表示されると思います。

いずれのリンクをクリックしても、ブラウザのアドレスには、「https://www.gyro-n.com/」と表示されます。

これは、301リダイレクト(恒久的な転送)で、統一したURLへリダイレクトさせることで正規化を行っています。

こうすることで、ブラウザのアドレスには統一したURLが表示されるため、他サイトから被リンクを張ってもらえる際にも正規URLが使われることになり、より間違いのないURL統一が図れます。

301リダイレクトの設定は、.htaccessを使うなどいくつかの方法がありますが、ご利用のWebサーバーなどの環境によっては利用できない場合もありますので、必ずご確認の上対応してください。

301Redirectを使ったURLの正規化のイメージ図

301Redirectを使ったURLの正規化

5.「.htaccess」を利用した正規化の方法

wwwのありとなし、どちらを選択するのかは、サイトのブランディングにより異なります。どちらが良いということはありません。

5-1.www有り/なしに正規化する記述方法

「yoour-domain」には、適宜ご自身のドメイン名を記述してください。
「#」は.htaccess でのコメントアウトの記述です。

# wwwありに統一
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^your-domain\.com$
RewriteRule ^(.*)$ https://www.your-domain.com/$1 [R=301,L]


# wwwなしに統一
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.your-domain\.com$
RewriteRule ^(.*)$ https://your-domain.com/$1 [R=301,L]

5-2.index.htmlなしに正規化する記述方法

「yoour-domain」には、適宜ご自身のドメイン名を記述してください。
「#」は.htaccess でのコメントアウトの記述です。

# index.htmlなしに統一
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ https://www.your-domain.com/$1 [R=301,L]

6.スマートフォンサイトのURL正規化

GoogleはWebサイトがモバイルフレンドリーかどうかを評価指標に入れると発表しており、スマートフォンサイトは、レスポンシブデザインを推奨しています。

レスポンシブデザインは、同じURL・同じHTMLソースを使い、表示だけを画面の幅に合わせてを切り替えるため、Googleにとってはクロールのリソースを無駄に消費せずに済むというメリットも存在します。

とはいえ、PCサイトとスマートフォンサイトを異なるURLで運用しているサイトの場合は、alternate属性を利用し、それぞれに対応するPCサイトのページとスマートフォンサイトのページとの関係性をGoogleに伝えるアノテーションの処理が必要です。

PCサイトとスマートフォンサイトで異なるURLを持つ場合の例

PCサイトとスマートフォンサイトで異なるURLを持つ場合の例

記述例

それぞれのURL
PCサイト: https://www.gyro-n.com/sample/xxxx.html
スマートフォンサイト:https://m.gyro-n.com/sample/xxxx.html

PCサイト側の記述

<link rel="alternate" media="only screen and (max-width: 640px)" href="http://m.gyro-n.com/sample/xxxx.html">
※max-widthの数値は、スマートフォンサイトを見せる対象となる画面の最大幅を指定します。

スマートフォンサイト側の記述

<link rel="canonical" href="https://www.gyro-n.com/sample/xxxx.html">

※アノテーション処理は必ずページごとに個別に対応するコンテンツが存在するページを指定してください。
PCサイトの各ページから一律でスマートフォンサイトのトップページを指定するなど、特定のページに集約させない。

すでにPCサイト、スマートフォンサイトを別々に運営している場合はこのようなアノテーション処理での対応が現実的です。

しかし、新たにウェブサイトを構築する、もしくは大がかりなリニューアルをする際は、レスポンシブデザインやUA(ユーザーエージェント)による切り分けなど、スマートフォンサイトを別URLで表示する必要がないように設計しておくことで、URLの構成もシンプルになり、アノテーション処理といったURLの正規化対応は必要なくなります。

7.正しく正規化がされているか、canonical属性タグをチェックする方法

正規化がきちんとされているか必ず確認してください。
正しく正規化がされていない、記述ミスがある場合は、SEO評価において大きく影響がでます。

7-1.Google Serach Consoleで正規URLをチェックする

Google Search Consoleの「URL正規化」から、ページURLを検査すると詳細な「カバレッジ」情報が表示されます。

「インデックス作成」の箇所に、「ユーザーが指定した正規URL」(canonical属性に記述されたURL)が表示され、「Googleが選択した正規URL」には検索対象のURLと表示されます。

Google Serach Consoleで正規化URLをチェックする

Google Serach Consoleで正規化URLをチェックする

7-2.Gyro-n SEOでcanonical属性タグをチェックする

高機能SEOツール「Gyro-n SEO」では、ページ分析機能からcanonical属性、アノテーション処理を利用している場合はalternate属性のチェックが可能です。

筆者は過去に、canonical指定したURLの記述ミスがあり、SEO順位が上がらないという大きな失敗の経験があります。
このようなことがないよう、手動対応している場合はしっかり確認するようにしてください。

Gyro-n SEOのページ分析機能でcanonical属性をチェック

Gyro-n SEOのページ分析では、head要素内の記述に関する情報を確認することができます

クラウド型順位チェックツール「Gyro-n SEO」

SEOツールのGyro-n SEOは毎日自動でGoogle、Yahoo! JAPAN、Googleスマートフォン検索の順位を計測します。
登録から3ヶ月間は無料で利用でき、インストール型の順位チェックツールでは取得できない多くのサポート機能があります。

SEOのノウハウを詰め込んだ、高機能SEOツール「Gyro-n SEO」

アカウント登録いただくと、実務で使えるSEO施策ポイントがわかる資料「インハウスSEO担当者が押さえておくべき施策ハンドブック」を進呈!

※アカウント登録後、資料ダウンロードいただけます。

8.canonical属性タグの効果的な使い方

canonicalを使うべきシーンについて解説します。

8-1.ABテスト(スプリットテスト)を行う場合

ABテストでは、ほぼ同じページ内容で、見出しのキャッチフレーズや画像、その他一部だけを変更している場合がほとんどです。

検索エンジンはこうしたテスト用に作成したページも別ページとして構わずインデックスしてしまうため、オリジナルページのURLに正規化しておく必要があります。
※テストページをnoindexにする処理でも重複コンテンツ化は避けられます。

8-2.広告用ランディングページを利用する場合

ウェブサイトはあるが、広告用に1枚ランデングページ(LP)を別途作成しマーケティングを行う場合があります。

広告用LPのコンテンツがウェブサイト本体とほぼ同じだと、重複コンテンツとみなされる可能性があります。
この場合もcanonicalによる正規化、またはnoindex処理をしておくと良いでしょう。
※外部から被リンクを受けている場合は、noindexではなくcanonicalによる正規化をしておくことが良いでしょう。

8-3.重複ページ・類似コンテンツが存在する場合

ECサイトなどによくあるパターンですが、同じ商品の色違いやバリエーションごとにそれぞれ別ページを用意しているが写真など一部の細かいコンテンツが異なるだけで、ページの内容はどれもほとんど同じ、というケースがあります。

これも、そのままでは重複ページとみなされてしまうため、canonical属性を使って一つのページにURLを正規化しておく必要があります。

重複ページ・類似コンテンツが存在する場合

カラーやバリエーションの異なるだけの重複コンテンツには、1つのページに正規化しておく

SEOの内部対策は検索エンジンに対して

  • Webサイトへクロールしてもらいやすくする
  • きちんとインデックスさせる
  • コンテンツを適切に評価してもらう

ことが重要です。

canonicalによるURL正規化は、Webページを正確にインデックスさせるためのSEO内部対策の基本となります。

次の記事
ローカルSEOの対策と評価チェックポイント
前の記事
LP履歴機能-ランディングページの変化からランクインページ最適化につなげるには

SEOツール「Gyro-n SEO」をご利用いただくと無料進呈!

登録後すぐに無料でスタート。スタータープランは3ヶ月無料で使えます。

SEO対策ポイントと施策ハンドブック

実務で使えるSEO施策ポイントがわかる資料 「インハウスSEO担当者が押さえておくべき施策ハンドブック」(全30頁)
※アカウント登録後、資料ダウンロードURLが送付されます。

登録にはGyro-n利用規約個人情報保護方針に同意が必要です。

※ Gyro-n SEOは(1)法令に反する(2)公序良俗に反する(3)Googleガイドラインに抵触するサイト・ロケーションではご利用いただけません。
※ 3ヶ月無料特典はスタータープラン限定です(プラン・オプション変更をした時点で無料期間は終了します)。

URLの正規化 関連ページ

ページ分析機能

Gyro-n SEOのページ分析機能ではcanonical属性、alternate属性のチェックが可能です。

ページ分析機能
Gyro-n SEOの検索順位チェック機能

内部施策後の順位変動など、施策と検証ができる順位チェックツールです。

Gyro-n SEOの検索順位チェック機能
SEO対策・管理に必須の機能を備えたSEOツール

日々の順位変動や競合比較からSEO対策を行うポイントをチェックできるSEOツールです

SEO対策・管理に必須の機能を備えたSEOツール