検索結果(SERPs)プレビューの使い方

2016/01/07
  • SEO
検索結果(SERPs)プレビュー

SEO担当者であれば、検索順位のチェックは毎日行っていると思います。
また、なかなかチェックできていない場合でも、 急な順位変動や、競合との順位の入れ替わり、検索結果ページの入れ替わりなど、なかなか気づけていないポイントについては、Gyro-n SEOのアラート通知機能でお知らせしています。

しかし、検索結果画面(SERPs)の内容までは、日々忙しいマーケッターやWebサイト管理者は、なかなかチェックができていないのではないでしょうか?

今回は、Gyro-nSEOの検索結果プレビュー機能を使って、検索結果を簡単にチェックする方法とポイントについて解説します。

SEOのノウハウを詰め込んだ、高機能SEOツール「Gyro-n SEO」

SEOのノウハウを詰め込んだ、高機能SEOツール「Gyro-n SEO」

アカウント登録いただくと、実務で使えるSEO施策ポイントがわかる資料「インハウスSEO担当者が押さえておくべき施策ハンドブック」を進呈!

※アカウント登録後、資料ダウンロードいただけます。登録から3ヶ月無料で利用できます。

検索結果プレビューとは?

Gyro-n SEOの検索結果プレビューとは、キーワードに対する各検索エンジンの検索結果の内容(SERPs)すべてを毎日、Gyro-n SEOに保存している機能です。

SERPsとは?

「Search Engine Results Pages」の略で、ユーザーが検索エンジン(Google、Yahoo!など)にキーワードを入力し表示された検索結果一覧ページを意味する言葉です。SEOに関する専門用語としてよく使われ、「サープス」と一般的に読まれます。

検索結果を知りたければ、通常は検索エンジンに直接キーワードを入力して調べに行かなければなりませんが、Gyro-n SEOではボタン一つでこの検索結果内容を確認することができます。

例えば、検索順位が11位以降(2ページ目以降)にランキングされている場合でも、最初のページからページネーションをたどっていく手間もなく、自サイトがランキングされている場所を直接確認でき、さらに、競合サイトを登録していればその順位も同じようにすぐに見ることができます。

Gyro-n SEO 検索結果プレビュー表示例

検索結果プレビュー表示例

例えば競合サイトと自サイトとが近くのランキングで並んでいる場合などは、どちらの検索タイトルやスニペット(検索結果の説明文)がユーザーにより強く訴求できているか? という比較も重要です。

また、検索上位のサイトはどのような検索結果タイトル&スニペットを表示させているか?ということを自サイトと比較して改善を加えると良い結果につながることもあります。

過去の検索結果プレビューを見ることができる

通常、検索結果はリアルタイムの状態で確認、チェックすることしかできません。
しかし、Gyro-n SEOは過去1年分の検索結果を全て保存しています。(100位まで)

この機能は、すごく重要です。

例えば、検索順位が下がるということは、自分のサイトが下落する代わりに、 他のサイトが上位に上がっていることを意味します。

しかしながら、常に検索結果をウォッチしていないと、どのサイトが上位に上がってきたのか、または、どんな新しいサイトがランクインしてきたかなど、なかなか調べることはできません。特に対策キーワードを多く管理している場合は時間的にもチェックするのは困難です。

このような場合に、検索結果プレビュー機能があることで、過去に起こった検索結果の変動の内容を確認、遡ってチェックすることが可能となります。

Gyro-n SEO 検索結果プレビュー、過去データの表示例

検索結果プレビュー:過去データの表示例

過去の検索結果と比べて、順位変動の原因を探る

例えば、現在の検索順位が1か月前の順位と比べて、大きく変動(下落)している場合、 1か月前と、現在の検索結果の内容を比較してチェックしてみてください。

  • 他のサイトや競合サイトはあまり順位変動していない。
  • 自社だけ変動している。

検索クエリのタイプ(Doクエリ、Knowクエリ、Goクエリ)の違い

この場合は、自社コンテンツのSEO評価が下がっていることになるので、さらなる強化が必要です。
コンテンツの追加やチューニングを行い、しっかりSEO評価を上げていく対策が必要です。

  • 自社サイト含め、競合サイトも変動している

検索クエリのタイプ(Doクエリ、Knowクエリ、Goクエリ)の違い

この場合は、検索エンジンのアルゴリズムの変更など、そのキーワードの評価基準が変化している可能性が考えられます。

対策としては、この変化したアルゴリズムによって評価されているサイト、つまり変動後上位に位置しているサイトが、どのような内容のサイトであるかコンテンツをチェックし、検索エンジンの評価するポイントを見極め、自社コンテンツに応用していく必要があります。

  • 1ヶ月前には検索結果になかったサイトが上位にきている

検索クエリのタイプ(Doクエリ、Knowクエリ、Goクエリ)の違い

この場合は、新たな競合サイトが出現している可能性があり、競合サイトとして新たにベンチマークする必要があります。

このように検索結果プレビューは幅広い使い方が考えられますので、 日々のSEOチェックに役立てていただければと思います。

見落としがちですが、SEOにおいて検索結果の内容をしっかり確認することは、キーワードに対する検索エンジンの評価、アルゴリズムの特長を見ることに繋がります。

膨大なキーワード数を管理している場合は、全て隈なくチェックすることは困難ですが、注力しているキーワードに関しては、できるだけ詳細に検索結果を確認してみてください。

思うように順位アップにつながっていない場合など、Gyro-n SEOの検索結果プレビュー機能から新たなSEOチューニングのヒントを得て、検索順位アップに繋げてください。

検索結果データから任意の2つの日付を指定しデータを比較

SERPs比較分析画面

SERPs比較分析機能

検索結果画面(SERPs)データを比較し、検索エンジンの動向の分析が可能です。
検索順位が大きく変動した際の要因を探るには、過去の検索結果データを比較分析することが一番の近道です。

次の記事
評価分散シグナルの使い方とポイント
前の記事
SEO対策キーワードを選定するためのポイント・見つけ方

SEOツール「Gyro-n SEO」をご利用いただくと無料進呈!

登録後すぐに無料でスタート。スタータープランは3ヶ月無料で使えます。

SEO対策ポイントと施策ハンドブック

実務で使えるSEO施策ポイントがわかる資料 「インハウスSEO担当者が押さえておくべき施策ハンドブック」(全30頁)
※アカウント登録後、資料ダウンロードURLが送付されます。

登録にはGyro-n利用規約個人情報保護方針個人情報の取扱いについてに同意が必要です。

※ Gyro-n SEOは(1)法令に反する(2)公序良俗に反するサイト・キーワードではご利用いただけません。
※ 3ヶ月無料特典はスタータープラン限定です(プラン・オプション変更をした時点で無料期間は終了します)。

検索結果プレビュー(SERPs)の関連ページ

検索結果プレビュー機能

検索結果の内容をすべて保存、過去の検索結果もチェックできます。

検索結果プレビュー機能
Gyro-n SEO メールアラート機能

検索順位や検索結果に起こったさまざまな変動・変化を検知し、いち早く通知します。

Gyro-n SEO メールアラート機能
検索順位チェック機能

毎日の検索順位を自動でチェック。競合サイトの順位までしっかりチェックします。

検索順位チェック機能