SEO施策と効果を一目で検証!「SEOメモ機能」

2018/02/02
  • SEO

SEO対策を行っている中で重要なのは、
対策した内容が実際に効果として現れているのか?
施策が検索順位変動に影響しているのか?
を見極めることです。

しかし、SEOチューニングなどの細かな施策はどの部分をいつ行ったのか、時間の経過とともに忘れてしまい、結局検証できないまま終わっているという方も多いのではないでしょうか?

SEOのPDCAを回す上で、施策と検証はセットで行わなければなりません。

そこで、インハウス向けSEOツール「Gyro-n SEO」では、日々のチューニング内容を簡単にメモに残すことにより、検索順位にどのような影響が出ているかを検証できる「SEOメモ機能」を追加しました。

「SEOメモ機能」の仕組み

「SEOメモ機能」は非常にシンプルな仕組です。
対策を行う「キーワード」に対して、どのような施策を行ったかを簡単にメモとして残します。

例えば、

など、作業した施策内容を簡潔に記載します。

メモには自動的に日付が追加され、検索順位グラフにメモアイコン(ピンマーク)が表示されます。

Gyro-n SEO 検索順位グラフでのメモアイコン(ピンマーク)の表示例

メモアイコンをマウスオーバーすると、記述したメモ内容が表示されます。

Gyro-n SEO メモ内容のマウスホバー表示

このように、メモした日(施策を行った日)から検索順位がどのように変化したのかを、一目で把握することができ、施策内容が順位に影響があったのか、なかったのかをすぐに検証することができます。

SEOチューニングを行う際のポイント

ページのスニペット(ページタイトルやディスクリプション)の修正や、キーワードの調整、テキスト、コンテンツ追加など、ページ内容に変更を加えた場合は、必ずGoogle Search Consoleの「Fetch as Google」からインデックス送信し再クロールを依頼しておきましょう。
通常、ウェブページのクロールは数日(2~3日)程度で行われますが、クロールリクエストしておくことで、検索結果への反映が通常より早まる場合があります。

「SEOメモ」の4つの記録対象

SEOメモには、4つの表示対象をを利用できます。

1.「キーワードメモ」

特定のキーワードを対象に、メモを登録します。メモが表示されるのは、指定されたキーワードのみとなります。

2.「グループメモ」

キーワードグループを対象に、メモを登録します。グループに含まれているキーワード全てにメモが表示されます。

ウェブサイトのディレクト毎やカテゴリ全体に対して、修正やチューニングを行った場合などに利用します。

3.「サイトメモ」

サイトを対象に、メモを登録します。管理サイトに登録されているキーワード全てにメモが表示されます。

ウェブサイト全体にかかわる修正や、作業が発生した場合などに利用します。

4.「全体メモ」

管理しているすべてのサイトを対象に、メモを登録します。
複数のサイトを利用している場合においても、すべてのサイトのキーワードにメモが表示されます。

例えば、Googleのアルゴリズム変動や、検索エンジンに関する動きなど、順位変動に影響がある事象など記録に残すことで、検索順位変動の影響をチェックします。

「SEOメモ」の登録方法

検索順位グラフに表示されている「メモの追加」ボタンをクリックします。

Gyro-n SEO メモ追加ボタン

「メモの追加」画面が表示されます。

キーワード詳細画面からのメモ追加となるため、メモの種類は、「キーワード」が選択されており、日付、サイト、対象キーワードが自動的に選択されています。

メモ追加の作業としては、行った施策・チューニング内容等を記述することだけです。

メモの追加画面

メモの追加画面

※メモの対象をキーワードだけでなく、グループや、サイト全体を対象にしたい場合は、適宜種類を変更して登録してください。
※日付やキーワードなど、登録後でも自由に変更、編集ができます。

保存をクリックすると、順位グラフ上に、メモアイコンが表示されます。

Gyro-n SEO 順位グラフ上のメモアイコン

メモ内容にURL記載がある場合は、自動的にリンク表示されます。

メモを編集、または時系列で確認する

既に記載したメモを編集したり、時系列で確認したりする場合は、「メモ管理」を利用します。
左メニュから「メモ」をクリックします。

メモ管理画面

メモ管理画面

日付順にメモが一覧表示されるので、時系列で施策内容を確認することができます。

またキーワードをクリックすると、直接、検索順位チェック画面の該当キーワードを表示し、すぐに検証できます。

「編集」から、各登録済みのメモを、自由に修正できます。

メモ機能を利用することで、SEO対策した結果を検証することができるため、効果のあった施策や、効果的でない施策のナレッジを貯め、今後の施策に活かすことができます。

SEOのPDCAを回していくには、施策と検証を繰り返しながら、自社に効果的なSEO対策を実行していくことが重要です。
Gyro-n SEOのメモ機能をフルに活用してSEO順位アップにお役立てていただければと思います。

前の記事
Google順位変動、検索地域別・キーワード別に変動をチェック「Gyro-n SEO lab.(ジャイロンSEOラボ)」

無料SEOツール「Gyro-n SEO」をご利用いただくと無料進呈!

SEO対策ポイントと施策ハンドブック

実務で使えるSEO施策ポイントがわかる資料 「インハウスSEO担当者が押さえておくべき施策ハンドブック」(全30頁)
※アカウント登録後、資料ダウンロードURLが送付されます。

登録にはGyro-n利用規約個人情報保護方針個人情報の取扱いについてに同意が必要です。

※ Gyro-n SEOは(1)法令に反する(2)公序良俗に反する(3)成人向けの内容を含むサイト・キーワードではご利用いただけません。

SEOメモ機能の関連ページ

無料SEOツールのGyro-n SEO

インハウス・マーケティング担当者向け、SEOのPDCAを回すならGyro-n SEO。

無料SEOツールのGyro-n SEO
検索順位チェックツールの便利な使い方

検索順位チェックツールの仕組みから、順位変動で注意すべきポイントなど解説しています。

検索順位チェックツールの便利な使い方
評価分散シグナルの使い方とポイント

検索結果のページが入れ替わる現象をシグナルとして計測!アラート通知します。

評価分散シグナルの使い方とポイント