レスポンシブのページに導入したいのですがフォームの数はどうカウントされますか?

Gyro-n EFOは、お客様が管理されているサイトであればいくつでも同一のアカウントで管理できますので、レスポンシブデザインの導入如何にかかわらず1契約分の料金でご利用いただけます。

管理画面上は、Gyro-n EFOではPC向け、スマートフォン向けなど、それぞれ別のフォーム(URL/ソースコードが異なる)として作られている場合は内容が同じであっても2フォームとして管理されます。レスポンシブデザインのページであれば、同一のものをPC、スマートフォン、タブレットなど、画面幅に合わせて見た目を変更しているだけですので、1つのフォームとして管理されます。

この質問に関連するGyro-nのページ

Gyro-n EFO ご利用料金

Gyro-n EFOのご利用料金はこちらをご覧ください。

Gyro-n EFO ご利用料金
入力フォーム最適化ツールならGyro-n

Gyro-n EFOは充実した入力支援機能でユーザーを逃がさない入力フォーム最適化ツールです。

入力フォーム最適化ツールならGyro-n
EFOとは?

EFOの基礎となる知識や機能・仕組、さらに効果を最大化するために必要なポイントを解説しています。

EFOのよくあるご質問

 

Gyro-n EFO 詳しい資料をダウンロード(無料)

EFOを導入することで、コンバージョン率を大幅に改善することが可能です。

EFOとはフォーム入力をアシストすることにより、途中離脱を軽減させ、コンバージョンへ施策です

入力フォーム作成の問題点から、Gyro-n EFOの機能・特徴、コンバージョンアップの事例まで、詳しい資料をご覧いただけます。