Cnady(キャンディ)

Candy(キャンディ)とは?

Candyとは、NECパーソナルコンピュータ株式会社と株式会社スリーアイズが共同運営している、人工知能(AI)を利用して最も類似性の高い記事や商品・サービスなどをレコメンド表示する広告プラットフォームです。

通常レコメンドエンジンを活用したリターゲティング広告などに必要なタグ(cookieの仕組み)を利用しないため、導入のしやすさは勿論、間違いのない安定的なマッチングを提供できることも大きな特徴です。

Candy広告の配信例

Candy広告の配信例

記事内容マッチした商品をネイティブ形式で配信

Candy広告は、人工知能による自動先読み検索と高精度コンテキストマッチにより、優良な媒体メディアの記事を活用したネイティブ広告として配信するため、コンテンツマーケティング的手法での広告配信が可能です。

媒体記事で購買意欲が高まったユーザーへ直接関連商品や、関連コンテンツを訴求できるため、高いコンバージョン率が期待できます。

またcookieを一切活用しないため、ウェブサイトの未訪問ユーザーにも訴求でき、新規顧客獲得へ繋げることもできます。

Candy広告配信の仕組み

Candyは、人口知能の知識辞書に基づき、メインコンテンツの文脈を解析・理解した関連情報を表示するマッチングモジュールです。

メインコンテンツと直接関係のある情報のため、ユーザーにとって価値があり、意味のある情報を提供できます。またcookieを一切必要としないため、cookieの使えないネイティブアプリ環境でも性能を発揮します。

バナー広告や記事風のネイティブアド広告以外にも直接関連商品を訴求するなど、幅広い広告配信が可能です。

Candy広告配信の仕組み

閲覧されているメディアのコンテンツに見合った商品を高精度で自動選出し、広告を配信します。

Candy広告とリターゲティング広告との違い

Candyはコンテンツの内容を解析し、文脈的にマッチングする抽出し、ネイティブな表示を行う広告となりリターゲティング広告とは大きく異なります。ここでは違いを比較してみます。

比較項目Candyリターゲティング広告
新規ユーザーへの訴求
コンテキストマッチで表示するためcookieは利用しない
×
cookieベースのため一度訪問済みユーザーへの訴求
広告のネイティブ表示 ×
コンテンツとのマッチ度 ×
リターゲティング広告 ×
ユーザーへの印象
コンテンツと自然な関連性

購入済み商品や何度も広告が表示されるためマイナス印象を与える場合もある
広告出稿の手間
タグ設置など導入にかかる手間はありません

必要なページへのタグ設置が必要
データフィード(商品リスト)の利用
コンテンツマーケティング
媒体メディアのコンテンツを活用したコンテンツマーケティングが可能
×

Candy広告導入のポイント

Candyの広告出稿を始めるためには以下のポイントを抑えておきましょう。

商品データフィードを用意する

商品データフィードの作成

データフィードとは、Webサイトに掲載している商品やアイテムデータのカテゴリ、価格、画像、商品説明文などをリスト化しものです。指定するフォーマットに変換したものを用意する必要があります。

商品データフィードを常に最新に更新する

データフィードの更新

Candy広告は、コンテンツの文脈やキーワードから解析した内容をもとに商品データフィードから商品データをピックアップします。
商品アイテムの在庫切れや、価格変動、商品ページのリンク先の変更などの更新情報がフィードに正しく反映されていないと、誤った情報の広告を配信することになってしまい、コストの無駄やパフォーマンスの低下につながります。そのためデータフィードは常に最新の内容に更新しておく必要があります。

自社サイトへのタグなどの設置は必要なし

タグの実装は必要なし

Candy広告は、Cookieを一切利用しないコンテンツマッチング配信です。
そのため、導入の際のタグ実装は必要ありません。
導入手間がかからないため、スピーディな広告出稿が可能です。

Candy広告導入・運用を全て自動化するGyro-n DFM

Candy広告を出稿するには、データフィードの作成から、最新データへの日々の更新が必要です。

DFOツールのGyro-n DFMは、データフィードの作成から、更新、データアップロードまでを自動で行うことが出来るため、導入・運用の手間が一切かかりません。

Candy広告導入を検討している場合は、お気軽にお問合せください。

 

Gyro-n DFMの特徴

データフィード広告 関連ページ

DFOツールならGyro-n DFM

データフィードの作成から更新、タグのカスタマイズなど、導入・運用手間を極限まで削減。

DFOツールならGyro-n DFM
Criteo(クリテオ)広告とは?

費用対効果が高く人気のリターゲティング広告、「Criteo広告」について詳しく説明しています。

Criteo(クリテオ)広告とは?
Gyro-n DFMの利用料金

Gyro-n DFMのご利用金額とオプション費用です。ツール導入費は無料です。

Gyro-n DFMの利用料金