どのようなフォームでも利用できますか?

静的なHTMLページはもちろんのこと、動的に生成されるPHPや、JSP、CGIなど、どのようなページでもご利用が可能です。

しかし、Gyro-n EFOはJavascriptタグを貼り付けることで動作させるため、タグを貼り付けられないタイプのフォームは導入できない場合があります。

例えば、ASPで提供されているECサイト用のカート(例:カラーミーショップ等)、またショッピングモールのASP(例:楽天市場)、フューチャーフォン(ガラケーサイト)での利用など。EFOの利用が可能かどうかわからない場合は、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

 

EC-CUBEをご利用の場合は、Gyro-n EFO for EC-CUBE無料版をご利用いただくことができます。

Gyro-n EFO for EC-CUBEはこちら

 

MA(マーケティングオートメーション)連携のフォームや、SPAサイト(動的ページ遷移タイプ)のフォームでもEFOの実装は可能です。

MA連携フォームにEFOを実装

SPAフォームにEFOを実装

Gyro-n EFOの関連ページ

フォーム入力支援機能

フォーム入力中のユーザーに入力必要事項を案内。入力ミスは即時お知らせし、途中離脱を防ぎます。

フォーム入力支援機能
EFOツール導入で入力フォームを改善

エントリーフォームを最適化することで途中離脱を防ぎ、コンバージョン率を大幅にアップします。

EFOツール導入で入力フォームを改善
Gyro-n EFO無料トライアル

初月無料でGyro-n EFOをあなたのサイトでご利用いただけます。

EFOのよくあるご質問

 

Gyro-n EFO 詳しい資料をダウンロード(無料)

EFOを導入することで、コンバージョン率を大幅に改善することが可能です。

EFOとはフォーム入力をアシストすることにより、途中離脱を軽減させ、コンバージョンへ施策です

入力フォーム作成の問題点から、Gyro-n EFOの機能・特徴、コンバージョンアップの事例まで、詳しい資料をご覧いただけます。