情報配信プラットフォーム「Yext(イエクスト)」 - Gyro-n

検索エンジン、地図アプリ、SNS、クチコミサイトなどの店舗情報を一括管理

地図検索、SNS、アプリの店舗情報を一括カンタン管理。
ユーザーに最新・正確な情報を届けて来店を促進。

  • 店舗情報を一括配信
  • リアルタイムに情報を更新
  • 高いサイテーション効果
  • 構造化マークアップに対応

Yext(イエクスト)とは?

Yext(イエクスト)は、検索エンジンをはじめ、地図アプリやSNS、クチコミサイト、Alexa(Amazon Echo)、Google Homeなどの音声アシスタントに公開されている店舗情報を一元管理することができるプラットフォームです。

Yext(イエクスト)は150以上の検索エンジン、マップ、SNSやアプリ、音声アシスタントなどで情報発信ができるクラウドプラットフォームを提供し、変化し続ける検索プラットフォームへの正しい情報提供と管理を一元化します。

Yextは2006年アメリカ ニューヨークで設立し、米・フォーチュン誌が毎年発表する「フォーチュン500」企業の3分の1以上が、Yextを利用してしています。

世界中の企業がYextプラットフォームを活用し、消費者が求める正しい情報を提供することで、ブランド・エンゲージメントを高め、売上げを伸ばしています。

抜粋:Yext公式ページより

Yext(イエクスト)とは

以前は検索や広告から店舗のサイト経由での来店経路が多くを占めていましたが、今では検索エンジン・広告・webサイトだけではなく、Googleなどの地図アプリ、旅行・店舗情報ポータルサイト、Facebook、InstagramをはじめとするSNSの情報、さらには音声検索など様々なチャンネルでユーザーは店舗・サービス情報を探すようになりました。
ユーザーが目にするタッチポイントは非常に多様化してきています。特に、中国、韓国をはじめとする海外からのインバウンド客はこの傾向が顕著です。

間違った店舗情報による大きな機会損失やブランド毀損

マップやSNS、店舗情報ポータルサイト、音声アシスタントにいたるまで、現在では、店舗の情報は非常に多くのパブリッシャーに掲載されています。
しかし、これらのサービスでは、ユーザーからのクチコミ情報や自動収集された情報が掲載されていることも多く、中には不正確なものが掲載されていたり、情報がそもそも更新されていない古いものであったり、そもそも自店舗の情報が掲載されていないことがあったりします。結果として、同一店舗の情報でありながらサービスごとにまちまちな情報が掲載されているため、ユーザーにとっては信用に値する正しい情報にならず、来店の阻害要因となっています。

これらの情報に接したユーザーが、電話予約・問い合わせ・来店など具体的なアクションを取ってくれたとしても、それが間違った電話番号であったり、営業時間の記載が不正確で来店時に閉店していたり、来店後に商品やサービスの価格・内容が異なっていたりしたために目的が達成できなければ、二度と来店してくれることはありません。

ユーザーが感じるストレスは大きく、それは店舗にとっても非常に大きな機会損失となります。

各サービス上ではクチコミやレビューもさかんに行われており、こうした間違った情報が原因でネガティブなレビューが増えることもまた店舗にとっては痛手であり、ブランドを大きく毀損することになります。

Google検索結果に店舗情報が正しく掲載されいていない例

Google検索結果に店舗情報が正しく掲載されていない例

店舗運営者は、情報を一元化し管理することが求められる

情報プラットフォームのサービスは、ポータルサイトをはじめ、SNSやモバイルアプリなど増え続けています。
こうした情報プラットフォームからの来店を促進するためにはそれぞれで正確な情報の提供、クチコミ・レビューへのきめ細やかな対応が必要ですが、本業の店舗の運営に注力しなければならないオーナー、店舗スタッフが、次々と現れるサービスすべてを把握し、管理をすることは非常に困難です。

Yextは、そのような煩雑な管理を一つのプラットフォームに集約することで、店舗情報の各サービスへの一括発信と、クチコミやレビューの管理・返信などの複雑な作業をワンストップで行うことができるサービスです。

自店舗の公式情報を
一元管理・情報発信

Yext 自店舗の公式情報を一元管理・情報発信

クチコミ・レビューの
一元管理・返信

Yext クチコミ・レビューの一元管理・返信

検索エンジンへ高い
サイテーション効果

Yext 検索エンジンへ高いサイテーション効果

Yextを利用するメリット

Yextが連携しているパブリッシャー
(ソーシャルサービス・地図・ポータルサイト)を公式情報に統一

Yextは、日本市場でサービス提供している様々なパブリッシャーと連携しており、現在Gyro-n×Yextのサービスで連携できるのはGoogle、Facebook、Instagram、Yelp、Baidu Mapなど25パブリッシャーを数えます。(今後も続々と増えていきます)

これらすべてのサービスに対して、簡単な作業で公式情報を正しく発信することができます。

【Yext】公式情報設定画面

【Yext】公式情報設定画面

自店舗の情報が掲載されていないパブリッシャーにも、新規で情報公開

日本国内においてはまだそれほどの認知度がないサービスだと、掲載されている店舗情報自体が少なく、その中で自店舗が掲載されていることもまれでしょう。しかしYextなら、そうした未掲載のサービスにも自動で公式情報を公開できます。

国内では知名度の低いサービスであっても、そのサービスの母国においてはスタンダードとなっているサービスも多く、海外インバウンド客の中には決して見過ごせない数のユーザーがおり、ライバル店に先駆けて情報を掲載することによりその地域を訪れているインバウンド客を多数誘客することも望めます。

また、こうした成長途上のサービスの成長とともに、検索ユーザーの接点も今後どんどん広がっていきます。

Yext パブリッシャーの公開ステータス

【Yext】パブリッシャーの公開ステータス

掲載したくないパブリッシャーはオプトアウトが可能

多くのパブリッシャーの中には、掲載をしたくないサービスもあるかもしれません。
その場合は、簡単にオプトアウトして非掲載とすることもできます。

【Yext】パブリッシャーのオプトアウトが可能

【Yext】パブリッシャーのオプトアウトが可能

突然の情報変更も、すべてのパブリッシャーに対して一発配信

店舗運営をしていれば、当日になって臨時休業したり、閉店時間を早めたり、突然店舗方法に変更が出て、それを顧客に正確に伝える必要が出ることもあります。

その際、すべてのサービスで個別に情報変更をすることは現実的ではありません。

Yextなら、このような急な変更でも一つのデータを書き換えるだけで、全パブリッシャーに最新情報を即時に送ることができます。

【Yext】 すべてのパブリッシャーに対して一発配信

【Yext】すべてのパブリッシャーに対して一発配信

サイテーション評価を上げる効果

検索エンジンは、自サイトが直接リンクされていなくても、自社の情報が引用・言及されている内容を評価します。
特にMAP検索やローカルSEO(MEO)では、サイテーションの数が多く、正確に情報発信されていることは、検索上位に表示される大きな要因となります。

Yextを利用したサイテーション管理は、こうしたMEO施策においても大きな効果が期待できます。

【Yext】サイテーション評価を上げる効果

【Yext】サイテーション評価を上げる効果

複雑な構造化マークアップもタグを入れるだけで簡単に最適化

店舗のwebサイトのデータを構造化(構造化マークアップ)することで、検索エンジンは情報を詳細に理解することができます。検索結果でも通常のサイトのリンク・説明文よりも目立つ位置を占めるリッチスニペットにも情報が掲載され、web検索、地図検索からのサイト流入を促進します。

通常この構造化マークアップをサイトに施すには、HTMLの各所に細かく属性を記述する必要があり、web制作の知識を要するだけでなく工数も多くかかりますが、Yextを使えば、タグを挿入(Knowledge Tags機能)するだけで構造化マークアップがすぐに完成します。

【Yext】Knowledge Tagsをによるサイテーション効果

【Yext】Knowledge Tagsをによるサイテーション効果

日本で活用できるYextと連携するパブリッシャー

Yextは世界で150以上もの検索エンジン、SNSサイト、地図、アプリなどのデジタルサービスと連携しています。
Gyro-n×Yextでは日本市場に展開する、Googleマイビジネス、Amazon Alexa、Facebook、Instagram、Yelp、TripAdvisorなどの人気サービスや、中国インバウンド客に多く利用されるBaidu Mapsなど、25のパブリッシャーと連携しています。

今後も連携サービスは増え、さらに充実していきます。

Gyro-n×Yextで管理できるパブリッシャー、一覧

Gyro-n×Yextで管理できるパブリッシャーの一覧(2019年9月現在)

Gyro-nとYextが連携!
MEO管理ツールと情報配信プラットフォームとの最強タッグ実現

Gyro-nとYextが連携!

SEO管理プラットフォームのGyro-n SEOには、Googleマップの詳細な順位計測やGoogleマイビジネスの管理・設定・分析ができるMEO機能も搭載されています。

このGyro-n SEOのMEO機能と、Yextを同時利用することで、ローカルSEOで重要な店舗情報・サイテーションの管理やメンテナンス、レビューの管理、返信作業などがワンストップで行えます。

中小規模で店舗運営をしている事業者にとって、全国展開をしてる大手企業やフランチャイズチェーンを相手に戦うことは容易ではありませんが、MAP検索は検索ユーザーから店舗までの距離、店舗の知名度、クチコミの評価などが表示順位に大きく影響する要素となるため、大手ほどの予算・人的リソースをかけなくても、Googleマイビジネスの丁寧な管理をすることで互角に戦うことができる貴重な流入経路です。

また、訪日外国人をターゲットとするインバウンドビジネスでは、Googleマップや、Baidu Maps、TripAdvisor、Yelpといったサービスに情報を掲載・発信することも重要な集客施策です。

Gyro-nは、MEO機能でマーケティング担当者のローカルSEO管理と分析をお手伝いするだけでなく、情報配信プラットフォームとしての機能を強化し、店舗オーナー・運営者の集客支援ツールとしても、皆様のビジネスを応援します。

Gyro-n × Yext プラットフォーム

Gyro-n × Yext プラットフォーム

Gyro-n × Yext料金のご案内

Gyro-n×Yextは、1ロケーション(店舗)あたり3,200円(税別/Sterterプラン)からご利用いただけます。

利用できる機能や設定項目はご契約プランにより異なります。

詳しくは料金プラン・機能一覧をご覧ください

YextとGyro-n SEO(MEO機能)を同時利用することで
店舗情報管理と順位計測・施策分析がワンストップで行えます。

アカウントご登録いただくと無料進呈!

※アカウント登録後、資料ダウンロードのご案内メールが送付されます。

インハウスSEO担当者が押さえておくべきSEO対策ポイントと施策ハンドブック

MEO機能のご利用は、Gyro-n SEOのアカウント登録が必要です。

※アカウント登録後すぐにご利用いただけます。Gyro-n SEOは3ヶ月無料(スタータープランの場合/無料期間終了後月額500円)でご利用できます。
※MEO機能は、ご利用お申込みから1店舗・2週間の無料トライアルができます。

Gyro-n SEOは登録から3ヶ月無料でご利用できます。

登録にはGyro-n利用規約個人情報保護方針個人情報の取扱いについてに同意が必要です。

※ Gyro-n SEOは(1)法令に反する(2)公序良俗に反するサイト・キーワードではご利用いただけません。
※ 3ヶ月無料特典はスタータープラン限定です(プラン・オプション変更をした時点で無料期間は終了します)。