検索結果画面の差異から検索エンジンアルゴリズムの変化を分析。Gyro-n SEOに新機能「SERPs比較分析」11月13日リリース。

2018/11/13
  • プレスリリース

アルゴリズム更新がみられる前後の任意の2つの日を比較、100位以内全てのページの順位変動・SERPsを比較して検索エンジンの評価基準を分析できます。

高機能SEO順位チェック・管理ツールGyro-n SEO(ジャイロンSEO)に、11月13日より新機能「SERPs比較分析」がリリースされました。
Gyro-n SEOにアーカイブされている任意の2日分の順位データとSERPsを比較分析することにより、大幅な順位変動を伴う検索エンジンのアルゴリズムの変化に際して、新しく評価されるようになったポイントや逆に評価を落とすようになったポイントを探り、コンテンツの改善や順位アップにつながるSEO施策の実行に繋げることができるようになります。

Gyro-n SEO:SERPs比較分析機能

Googleのアルゴリズムが頻繁に更新され、時として大幅な順位変動が起きています。Googleが目指しているところは一貫して公式にアナウンスされている通り検索エクスペリエンス向上のためであり、サイト管理者もこの方向性でコンテンツを作っていくことがSEO施策で最も重要な姿勢となりますが、実際の細かいアルゴリズムの内容についてはGoogleからのまとまったアナウンスはなく、Googleもしくはその社員から時折出るコメントや、SEO技術者による様々な実験結果から類推するしかありません。
このため、サイト管理者はアルゴリズムが更新され、大きな順位変動が起きるたびにその対応をサイト・コンテンツに施す必要がありますが、そのためには更新されたアルゴリズムで評価されるようになった点、逆に評価されなくなった点を探る必要があります。
Gyro-n SEOのSERPs比較分析機能は、このアルゴリズム変更による検索エンジンの評価ポイントの変化を探るためのデータ分析が可能です。Gyro-n SEOでは、キーワードを登録して以降、毎日(*1)のSERPsデータをアーカイブしており、アルゴリズムに変化があったと見られる前後2つのSERPsデータと、100位以内各サイトの順位変動を見比べることでアルゴリズム変更後急激に評価を上げたコンテンツ、評価を落としたコンテンツの傾向を分析したり、SERPsに現れるタイトル、description文の変化を調査することができます。
SEO担当者は、Gyro-n SEOのSERPs比較分析機能を活用することで、いち早くアルゴリズム変更のあおりを受けて下落してしまったサイトのリカバリーを図り、また、アルゴリズム変更を契機に上位をなかなか狙うことができないでいたコンテンツを他サイトに先駆けて上位にランキングさせる施策をすることが可能となります。
​>> Gyro-n SEO:SERPs比較分析機能

*1 SERPsデータの保持期間は1年間です。

Gyro-n SEO(ジャイロンSEO)とは?

Gyro-n SEO(ジャイロンSEO)は、インハウスのwebマーケター・SEO担当者や、複数のクライアントサイトの管理・運用をしている制作会社・代理店の方向けに、順位チェックや競合サイト調査など一連のタスクを極力自動化することで担当者の負担を削減し、コンテンツ制作やSEO施策検討など、SEO担当者本来の重要な仕事に充てるリソースを確保していただくこと、さらに、SEO周りの情報や施策の記録を一元管理することで効率的にそれらの業務を進めていただくために設計された、高機能SEO管理プラットフォームです。
Gyro-n SEOは1サイト、10キーワード、1競合サイト登録までは無料で始めることができます。
高機能SEO管理・順位チェックツール:Gyro-n SEO(ジャイロンSEO)

Gyro-n SEOの主な機能

  • クラウド型順位チェック・検索結果画面アーカイブ
    キーワードを設定しておくだけで毎日自動的に順位チェックを行います。検索結果は順位だけでなくSERPs画面も全て保存され、過去1年間の100位までの検索結果画面をいつでも確認・調査できます。
  • 評価分散フラグ機能など充実のアラート機能
    自サイトでいちばん上に表示されるページが入れ替わったタイミングがグラフ上に明示される「評価分散フラグ」により、検索エンジンからの評価を自サイトのコンテンツ内で競合してしまう現象が発見しやすくなるなど、様々なアラート機能で自社SEOの状況把握をアシストします。
  • ページ分析・テキスト分析機能
    自サイト、競合サイトだけでなく、web上に公開されている全ての任意のページに対して、HTML文章構造やキーワード出現比率や、ページ内に記載されるタイトル、メタdescriptionタグと検索結果画面に表示されるタイトル・説明との差異を調査できます。
  • ローカル検索機能
    検索ユーザーの地域(所在地)を検索結果に反映させるGoogleのVenice Updateに対応し、特定の地域での検索結果をチェックできる「ローカル検索機能」を実装。士業や不動産、飲食、クリニックなど、地域性を特に重視する業態のサイトのSEO施策管理に欠かせない機能です。
  • Gyro-n SEO lab.(ジャイロンSEOラボ)
    通常の検索順位チェックツールでも取得可能な地域性の影響を受けない検索結果と、Gyro-n SEOのローカル検索機能で取得できる検索結果との差異を確認できる実験的なサイトです。
    Gyro-n SEO Lab.で観測しているキーワードは、カテゴリーごとにGyro-nが独自に選定し、毎日のGoogle順位変動幅を測定して公開しており、アルゴリズム変動がチェックできます。

Gyro-n(ジャイロン)について

Gyro-n(ジャイロン)は、株式会社ユニヴァ・ペイキャストが提供するデジタルマーケティング支援ツールのブランド名です。SEO管理やデータフィード最適化(DFO)ツールといったサイトの流入に寄与するサービスから、いわゆるWeb接客やLPO、ABテスト、EFOなどサイト内の改善・CVR向上に寄与するサービスまで、サイト運営者の様々なニーズに対応したツールをラインナップしております。
デジタルマーケティング支援ツール:Gyro-n(ジャイロン)

会社名
株式会社ユニヴァ・ペイキャスト
本社
東京都港区六本木3-16-35 イースト六本木ビル2F
代表者
代表取締役社長 中尾周平
設立
平成13年11月
資本金
53,600千円
TEL
03-6441-3400(代表)
FAX
03-5545-7520
次の記事
フォーム入力支援ツールのGyro-n EFO、かんたん企業検索サジェストAPI:ST&E(スタンディ)との連携サービスを開始
前の記事
入力成功をその場でお知らせする新機能「入力完了マーク」を実装【フォーム入力支援Gyro-n EFO】