国産マーケティングオートメーションツールの「SATORI」のフォームに、エントリーフォーム最適化ツール「Gyro-n EFO」が導入できます。

2020/04/28
  • EFO プレスリリース
Gyro-n EFOでフォーム入力支援を行うことで、「SATORI」フォームのコンバージョン率を高め、より多くのリードをMAで管理することができるようになります。

国産のマーケティングオートメーションツールとして知られる「SATORI」のフォームに、ユーザーのエントリーフォーム入力を支援し、コンバージョン率を高めるエントリーフォーム最適化ツール「Gyro-n EFO(ジャイロンEFO)」を実装できるようになったことをおしらせします。

リードナーチャリングや、メールマガジンの配信、リードのスコアリングによる的確なタイミングでの情報提供やアプローチといった一連のマーケティング施策にMAツールを活用する事例が増えてきていることと思いますが、このたび、国産マーケティングオートメーションツールとして知られる「SATORI」のフォームに、Gyro-n EFOでエントリーフォーム最適化の実装ができるようになりました。
ユーザーのフォーム入力を支援することで、フォームからの離脱を防ぎ、的確にコンバージョンをさせることができるエントリーフォーム最適化(EFO)ツール「Gyro-n EFO」を「SATORI」フォームに導入することにより、リード獲得の局面でのコンバージョン率を向上させるだけでなく、メールマガジンやリターゲティング広告配信、Webページコンテンツのパーソナライズといった「SATORI」の機能を活用した施策によりフォームにたどり着いたリードを、無駄なくコンバージョンさせることが可能となります。

>> エントリーフォーム最適化ツールGyro-n EFO:「SATORI」フォームへのEFO実装

Gyro-n(ジャイロン)/Gyro-n EFOについて

株式会社ユニヴァ・ジャイロンが提供しているwebマーケティング支援ツールです。
データフィード最適化(DFO)、SEOマネジメントツールといったサイトへの入口に寄与するサービスから、LPO、ABテスト、EFOといったサイト内の改善・CVR向上といった出口に寄与するサービスまで、サイト運営者の様々なニーズに対応したツールをご用意しております。 そのうち「Gyro-n EFO」は、フォームに所定のタグを埋め込むだけでユーザーのフォームへの入力行動を支援してフォーム入力の障壁を下げることで途中離脱を防ぎ、確実にコンバージョンに繋げることができるエントリーフォーム最適化(EFO)ツールです。フォームの項目単位での詳細なログレポートや、ABテストなどでフォームデザインそのものの改善にも役立てることができ、さらなるコンバージョン率の向上も図れます。導入にあたっては専門のスタッフが設定をサポートします。

株式会社ユニヴァ・ジャイロンについて

社名
株式会社ユニヴァ・ジャイロン
代表
代表取締役社長 島津久厚
住所
〒106-0032 東京都港区六本木3-16-35 イースト六本木ビル2F
設立
2020年4月
資本金
10,000千円
決算期
3月

SATORI株式会社について

社名
SATORI株式会社
代表
代表取締役 植山 浩介
住所
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23-21 渋谷区文化総合センター大和田 11F
設立
2015年9月
資本金
15億1311万円(払込済資本)
事業内容
マーケティングオートメーションツールの開発・販売
URL
https://satori.marketing/

「SATORI」について

「SATORI」は導入実績700社の「マーケティングオートメーションツール」です。「あなたのマーケティング活動を一歩先へ」をビジョンに、現場で働く、一人ひとりのマーケターの方、セールスの方を「SATORI」を通じてサポートしていきます。また、「SATORI」は、“リードジェネレーション”に強い国産マーケティングオートメーションツールです。リード情報(メールアドレスを含む個人情報)獲得前の、匿名ウェブユーザーに対してのナーチャリングを実現することで、これまでのMAツールにくらべて、大量の見込顧客創出を実現することができます。詳細はウェブサイトをご覧ください。

次の記事
5月21日(木)16時、Gyro-n(ジャイロン)がEFO/ABテスト/LPO関連セミナーをオンライン初開催
前の記事
Gyro-n SEOのMEO機能で、競合店舗との順位の競合比較