GPS位置情報で住所を自動入力

GPS位置情報で住所入力

Gyro-n住所入力ナビでは、デバイスに装備されているGPS位置情報からサイトを訪れているユーザーの現在地を解析し、フォームに住所を自動入力することができます。


GPSボタンをタップ。

フォームに設置されたボタンをタップすると「住所入力ナビ」が立ち上がります。GPSボタンをタップすると……。

GPS利用を許可。

GPS位置情報の利用を許可します。

現在地近くの候補からタップで選択。

取得した現在地情報に近い住所から候補地が瞬時に並びます。目的の住所をタップ!

あとは番地以降を入れるだけ。

選択した現在地が確定。あとは番地、建物名を入れるだけ。

これ以降の入力を続ける場合は次のタップでカンタン!住所入力フロー!へ。

住所入力ナビはスマホ、タブレット、PCすべてでご利用いただけますが、ぜひスマートフォンからご覧いただき、カンタン住所自動入力をご体験ください。

タップでカンタン!住所入力フロー!

タップでカンタン!住所入力フロー!

とりわけスマートフォンからアクセスするユーザーにとって、住所の入力はフォームの中でもっとも面倒なところ
Gyro-n住所入力ナビなら、表示される日本地図から地域・都道府県をタップで選択、さらに市区町村名、町名、丁目と、表示される候補を次々とタップしていくだけのカンタン操作で、郵便番号も含めたすべての住所をフォームに正確に自動入力させることができます。 スマホからの住所入力につきものの入力ミスや文字変換の煩わしさから解放されます。


地図から地域をタップ。

フォームに設置された「住所入力ナビボタン」をタップするとカンタンUIが立ち上がります。表示される日本地図から地域をタップ。

都道府県を選択。

選択した地域内の都道府県が表示されます。タップで選択。

続けて市区町村を選択。

都道府県内の市区町村が表示されるので、さらにタップで選択。

タップでどんどん選択。

続いて町名、丁目……、と表示されていくので、どんどん選択していきます。

最後に番地、建物名を。

最後に番地、建物名を入力。

確定するとフォームに住所を自動入力します。

確定ボタンをタップすると、フォームに入力した住所が自動的に入力されます。フォームの形式がどのようになっていても自動的に振り分けられます。

住所入力ナビはスマホ、タブレット、PCすべてでご利用いただけますが、ぜひスマートフォンからご覧いただき、カンタン住所自動入力をご体験ください。

住所入力ナビのお申し込み・お問い合せ

住所入力ナビはGyro-n ツールとの組み合わせ方で無料利用が可能です。お問い合せ、お申し込みはフォームからお気軽にお願いいたします。

Gyro-n住所入力ナビをさらに詳しく

住所入力ナビ 導入によるメリット

スマートフォン向けに最適なUIをカンタン導入することで、顧客満足度・CVRの改善を図ります。(※Gyro-n ツールとの組み合わせ方で無料利用が可能です。)

住所入力ナビ 導入によるメリット
導入方法

導入はとてもシンプル!どなたでも簡単にフォームのユーザビリティーを向上できます。

導入方法
SFS(ソーシャルフォームサポート)

Yahoo! / Facebookアカウントを利用して住所・氏名・メアドなどフォームに自動入力!

SFS(ソーシャルフォームサポート)