リスティング広告

リスティング広告の文言ごとに最適なコンテンツを表示

例えば、「社名で流入するユーザー」と「商品名で流入するユーザー」とでは、サイト訪問の目的が異なります。 ユーザーの目的と異なるコンテンツへ誘導してしまうと、無駄な費用になりかねません。 リンスティング広告連動を利用することで、直帰率を劇的に改善することができます。

広告文ごとに、配信コンテンツを差し替え、高いコンバージョン率を実現します

URLパラメータ連動でより詳細な設定が可能

検索キーワードによってコンテンツを変える場合でも、広告文の表現の違いなどのより詳細な表示分けをする場合には、パラメータ連動が有効です。

URLパラメータとは、Webサーバに送信するデータをURLの末尾に特定の形式で表記したものです。 具体的には、URLの「?」以降の文字列(パラメータ名=値)を指し、自由な文字列を設定することができます。

例:http://www.gyro-n.com/?aaa=bbb

この例の場合は、aaaというパラメータ名に対しbbbという値が設定されています。

※パラメータ連動は、GoogleAnalytics等の分析ツールにおいても、個別にデータ取得できるため便利です。

利用事例

保険サイトの場合

リスティング広告からウェブサイトへ訪問する場合、広告文で表現する内容に合わせて、クリエイティブの訴求内容を差替え訪問者の離脱を軽減し、コンバージョン率を向上させる施策です。

Gyro-n LPO利用事例 保険サイト 「社名のみの検索の場合」
Gyro-n LPO利用事例 保険サイト 「社名+医療保険で検索の場合」
Gyro-n LPO利用事例 保険サイト 「社名+個人年金保険で検索の場合」
Gyro-n LPO

リスティング広告の費用対効果を劇的に改善します。 リスティング広告連動はLPO施策で最も利用される人気の施策です。

Gyro-n LPOの機能

ターゲティング機能

ユーザーの状況や条件に合わせてコンテンツ自動配信。豊富な配信ルールや表示ルールが設定可能です。

ターゲティング機能
インターネット広告連動

バナー広告やメールマガジンなど広告出稿媒体に合わせてコンテンツを差替えるLPO施策です。

インターネット広告連動
行動履歴連動

訪問ユーザーの行動履歴に基づいてコンテンツを差替えるLPO施策です

行動履歴連動