Gyro-n LPO ターゲティング機能

様々な状況に合わせた配信設定

検索キーワードや流入媒体、過去の行動履歴、性別など詳細な属性、さらに曜日や時間帯など、あらゆる条件に合わせて自由にコンテンツ配信が可能。スムーズにユーザーを目的ページへ誘導します。

流入別ターゲティング

ユーザーのニーズをダイレクトに表す検索キーワード(オーガニック/リスティング)や、バナー広告やメールマガジンなどのセグメント化された媒体広告に合わせてコンテンツを配信。様々な流入元に応じて配信コンテンツを差し替え、スムーズにユーザーを目的ページへ誘導します。

行動履歴ターゲティング

サイトへ訪問したユーザーの行動履歴を元にコンテンツを配信。
新規訪問/リピーターによる差し替えや、前回閲覧ページ、購入履歴、会員情報など、ユーザーの行動に合わせた配信が可能です。

ユーザー環境ターゲティング

ユーザーのアクセス地域や法人/個人の種別、さらには年代や性別など、ユーザーの属性やPC環境に合わせてたコンテンツの配信ができます。実際の店舗のようなユーザーごとに最適なおもてなしを実現。

時間・曜日ターゲティング

時間帯や曜日・休日などタイミングに合わせて配信が可能です。タイムセールや期間限定サービスなど、ユーザーの「今ほしい」を刺激するキャンペーンや、雑誌やTVCMなどのクロスメディア展開に威力を発揮します。

Gyro-n LPOの機能

LPOの仕組み

Gyro-n LPOの自動配信の仕組みや操作フローなど、わかりやすく丁寧に解説しています。

LPOの仕組み
ABテスト&自動最適化

複数のクリエイティブを検証。より効果の高いコンテンツを導き出し、コンバージョン率を最大化します。

ABテスト&自動最適化
LPO(ランディングページ最適化)ならGyro-n LPO

ユーザーの行動履歴に合わせてコンテンツを出し分け、離脱率を軽減しCVに繋げます。

LPO(ランディングページ最適化)ならGyro-n LPO