Gyro-n 公式サイトより、プラグインをダウンロードした場合の導入方法についてご説明いたします。

EC-CUBE バージョン2系の導入の流れはこちら
EC-CUBE バージョン3系の導入の流れはこちら

※ ご利用の前には必ず、「正常に動作しているか」 「その他JSライブラリとの衝突によりコンバージョンへの影響がないか」をご確認ください。

「 EC-CUBEバージョン2系 」導入の流れ

①Gyro-n 公式サイトより、プラグインをダウンロードした後、オーナーズストアより「プラグイン管理」ページへ移動します。

ナビゲーションにあるプラグイン管理をクリック

②ダウンロードしたファイルのままインストールします。
※ファイル解凍は不要です。

プラグインを選択
efo-eccube2.tar.gzを選択し開くをクリック

③インストールします。
※インストールが完了すると、プラグイン一覧にインストールした「Gyro-n EFO for EC-CUBE2」が表示されます。

インストールをクリック

④プラグインの設定を行います。

プラグインの設定をクリック

⑤Gyro-n アカウントID の入力を行います。
⑥内容を登録します。
※Gyro-n アカウントID 取得には、Gyro-n アカウントの登録が必要です。

Gyro-nアカウントIDを入力後、登録をクリック

⑦設定を完了させ、有効にチェックを入れると利用開始となります。

プラグインを有効にする

※有効にすると利用開始となります。
ご利用前には、必ず正常に動作をしているか、その他JS ライブラリとの衝突によりコンバージョンへの影響がないかを 十分にチェックしてからのご利用をお願いしております。
また、カスタマイズやレポーティングをご希望の場合は別途ご相談ください。問い合わせフォームはこちら

「 EC-CUBEバージョン3系 」導入の流れ

①Gyro-n 公式サイトより、プラグインをダウンロードした後、オーナーズストアより「プラグイン一覧」へ移動します。

プラグイン一覧をクリック

②独自プラグインのアップロードページを表示。

プラグインのアップロードをクリック

③ダウンロードしたファイルのままインストールします。
※ファイル解凍は不要です。

ファイルを選択
efo-eccube3.tar.gzを選択し開くをクリック

④アップロードします。
※アップロードが完了すると、プラグイン一覧にアップした「Gyro-n EFO for EC-CUBE3」が表示されます。

アップロードする

⑤プラグインを有効にし設定を行います。
※プラグインを有効にすると、設定リンクが出てきます。

プラグインを有効にする
設定をクリック

⑦Gyro-n アカウントID の入力を行います。
⑧設定を完了させます。
※Gyro-n アカウントID 取得には、Gyro-n アカウントの登録が必要です。

Gyro-nアカウントIDを入力後、設定をクリック

※有効にすると利用開始となります。
ご利用前には、必ず正常に動作をしているか、その他JS ライブラリとの衝突によりコンバージョンへの影響がないかを 十分にチェックしてからのご利用をお願いしております。
また、カスタマイズやレポーティングをご希望の場合は別途ご相談ください。問い合わせフォームはこちら

Gyro-n EFO for EC-CUBE関連ページ

Gyro-n EFO for EC-CUBE

EC-CUBEご利用の方には、Gyro-n EFOの機能を無料で使えるEC-CUBEプラグインを提供しています。

Gyro-n EFO for EC-CUBE