LPOとは、ズバリ「おもてなしの心」です!

2013/12/09
  • LPO

LPO(ランディングページ最適化)とは一般的には、検索エンジンや各種インターネット広告からアクセスしてきたユーザーがサイトから離脱するのを防ぎ、最終的なアクション(商品購入や資料請求など)まで的確に誘導できるように、最初に訪れるページ(ランディングページ)の内容をユーザーのニーズごとに調整していく インターネット上のマーケティング手法といわれております。

LPO(ランディングページ最適化)の概要や仕組みについて

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、要するに、せっかくサイトに訪れてくれた方にはなるべくその来訪者が探している(であろう)情報を分かりやすく表示し、なるべく長くサイトにとどまってもらい、購入や資料請求につなげてもらいましょう。という概念になります。

これは、Webサイトに限定せずに、実店舗を想像していただくと非常にご理解いただきやすいと思います。

来訪ユーザーごとに最適なコンテンツを表示。実際の店舗のようにお客様に合わせた「おもてなし」をする

例えば、チラシ等の広告でお店まで来てくれたお客様に対して、魚のチラシを持っていれば、店員さんは魚売場のご案内をすると思いますし、常連客とそのお客様に対しては、声のかけ方も違ってくると思います。

このように、折角来訪いただいた方に対しては、なるべくきちんとした「おもてなし」をする事で、情報の探しやすいサイト、使いやすいサイトにしていきましょう。という考え方が「LPO」

である、と弊社は考えております。

では具体的に、どのような事が「おもてなし」に繋がるのでしょうか?

例えば、流入キーワード、アクセスエリア、訪問回数などに応じて、表示するコンテンツを変えていくという方法もありますが、最も基本的な「おもてなし」は、見て分かりやすい、情報を探しやすいサイト設計にあると思います。

ただこれだけでは、キレイなお店つくりをしたに過ぎませんので、次に行うステップとして

「来訪者が探しているであろう情報を想定して、その情報を的確に表示する」という事になります。

例えば、LPOの代表的施策である「流入キーワードに応じた最適化」について考えてみると、「アパレル業界へ転職したい!」という願望を持っている人は、検索エンジンで「アパレル 転職」といった複合キーワードを入力して来訪してくるケースが多いと思います。

これは、逆の視点でみれば、流入検索キーワードの中には、その来訪者が興味を持っている内容(このケースでは、アパレル業界への転職)についてのヒントが詰まっていると読み取れます。

もちろん、そのヒントを活用しない手はありません。なぜなら、ちゃんとその興味内容に則したコンテンツを訴求すれば、自ずとCTRやCVRは向上する傾向にあるからです。

さらに、流入検索キーワードに則したコンテンツを単純に訴求するだけでなく、その流入条件ごとに一番適した見せ方を追求するA/Bテストも非常に効果的です。(A/Bテストについては、次回に詳しくご説明したいと考えております)

このような施策を繰り返し実行することが、来訪ユーザーのことを第一に考える「おもてなしの心」を取り入れたサイト設計につながり、その結果として「効果が出るサイト」に成長することができる一番の近道だと弊社は確信しております。

次の記事
そのユーザー、コンバージョンに至ってますか?コンバージョン改善にエントリーフォーム最適化(EFO)が注目されています。
前の記事
ユーザーのニーズが読み取れる。ますます注目されるキーワードマーケティング

Gyro-nの関連ページ

LPOツールならGyro-n

ユーザーに最適なコンテンツを提供、コンバージョンを向上させるLPOツールです。

LPOツールならGyro-n
LPOとは?

LPO(ランディングページ最適化)について、仕組みを詳しく説明しています。

LPOとは?
Gyro-n LPOのターゲティング機能

ユーザーの状況や条件に合わせてコンテンツ自動配信。豊富な配信ルールや表示ルールが設定可能です。

Gyro-n LPOのターゲティング機能